中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

南京芸術学院日本校が授業開始
2015-05-23 19:17:56   From:篠原功   コメント:0 クリック:

 南京芸術学院日本校が正式にこのほどオープンし、その記念授業が5月1日から7日まで中国書法学院池袋校で開催された。





南京芸術学院日本校が始業開始
真剣な眼差しでシダレヤナギ描く

 南京芸術学院日本校が正式にこのほどオープンし、その記念授業が5月1日から7日まで中国書法学院池袋校で開催された。最初の日の授業では、女性を中心の学生たちが水墨画を学んだ。描くのはシダレヤナギが風に吹かれている様子。
 まず、南京芸術学院から来日した先生がその様子を描いて見せる。まず、黒い絵の具を使って太い木や枝を描く。次に2色を混ぜて緑色の絵の具を作り出し、葉を描いていく。まだ乾いていない木や枝に塗っていくため、黒い絵の具と緑の絵の具が少々混じるが、そこが風に吹かれている様子を表現するには相応しいという――そんな解説に生徒達はうなづくことしきり。
 先生の絵の具の作り方、筆使いを真剣な眼差しで見つめ、熱心にメモを取る。そしていよいよ各々が創作に入る。先生が一人ひとりの机を回り、細かくアドバイスをしていく。そんなピーンと張りつめた授業が始まった。

熱に関連する単語の検索:真剣な眼差しで水墨画

前の記事:南京で「劉洪友書法篆刻芸術展」
次の記事:肩・腰・膝の痛みが改善「スッキリばん」

分享到: 收藏