中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

「毒ガス・細菌兵器被害者の写真・パネル展」
2015-08-19 17:18:49   From:篠原功   コメント:0 クリック:

日中友好写真・パネル展「~毒ガス・細菌兵器の被害者たちの明日を見つめて~」が8月15日から18日まで大田区産業プラザで開かれた。




「毒ガス・細菌兵器被害者の明日を見つめて」日中友好写真・パネル展

写真やパネルで悲惨な現状をつぶさに
多くの人が毒ガス・細菌兵器の恐怖実感

 明日への想い 日中友好写真・パネル展「~毒ガス・細菌兵器の被害者たちの明日を見つめて~」が8月15日から18日まで大田区産業プラザで開かれた。15日午後2時からオープニングセレモニーが開催され、多くの人たちが見学に訪れ、真剣に写真や展示パネルを見入っていた。

◆遺棄毒ガス被害者や製造元工員が証言

 旧日本軍は、日中戦争中に毒ガス兵器と細菌兵器を秘密裏に製造し、中国に持ち込んで使用、終戦時、中国に大量の毒ガス兵器を遺棄した。戦後70年経った今も、中国では、多くの人々が細菌兵器による傷で苦しんでいる。また、遺棄された毒ガス兵器により被害を受けた子どもたちも数多い。
 いま、このような被害者たちを支援する動きが日本と中国の共同で始まっている。今回の写真・パネル展では、旧日本軍の毒ガス・細菌戦の事実と被害の事実を明らかにしながら、被害者と日本の支援者の交流という人道的営みを描くことで日中関係の未来を展望するものだ。なお、今回のパネル・写真の展示に際して731部隊陳列館などが協力した。
 15日は14時からオープニングセレモニー、15時から遺棄毒ガスによる被害者たちの証言が日本と中国の双方から行なわれた。16日は午前中、中国の遺棄毒ガス砲弾被害者たちを追ったドキュメンタリー映画「にがい涙の大地から」を上映。午後から写真家の樋口健二氏が講演を行なった。17日午前は毒ガス兵器製造に実際に携わった元工員が証言を行ない、午後は写真家の嶋村大志氏が講演を行なった。また、18日は写真家の豊田直己氏が講演を行ない、生々しい被害状況が伝えられた。
 オープニングで最初に挨拶に立った弁護士の南典男氏は、日中協賛でパネル・写真展を開催したことの意義について「20年前に『人権発展基金会』『遺棄毒ガス被害事件弁護団連絡会議』を設置してさまざまな活動を展開してきた。本来、日本政府がやることだが、遅々として進まない。しかもこうした事実を日本人も中国人も知らない。そこで被害者を支援しようということで開催した」
 「しかも今年は戦後70年を迎えた。まず、第一に毒ガス兵器の被害の事実を伝える。第二はその被害が戦後70年経った今でも継続・進行している。第三はこうした事実を日中で共有しながら支援し、日中交流に繋げていきたい。このようなコンセプトで日中の信頼を深めることを民間レベルで強化し、過去の歴史を踏まえながら、未来にしっかり繋いでいきたいというのが開催の目的だ。今日は自分の五感で感じたことを広く伝えてほしい」と述べた。




 

◆歴史を鑑として未来に向かう行動を

 また、中国人権発展基金会副理事長兼秘書長の慈愛民氏は「70年前に空前の災いである第二次世界大戦が終わり、平和発展の新しい時代を迎えた。戦後70年に化学・細菌兵器パネル・写真展が開かれたということは戦争・平和・人権を連想させる。歴史を忘れないということで重要な意義がある」
 「今日もそれらにより病気が拡大し、安全が脅かされている。しかし、そうした被害者に対してたくさんの日本の市民が同情を持っている。20年来、弁護団は強い責任感を発揮し、困難を乗り越えて被害者支援の活動を展開してきた。そして実際の行動を通じて人権を守る貴重な経験をした」
 「近年、日本の若者たちが被害者支援の活動を強化し、被害者の病気の改善、生活の改善、さらには友好の未来を築き、人類の平和を守る活動に参加してきた。そうした青年たちに感謝したい。戦争の歴史を正しく認識し、人民交流を強化していくことが重要だ。我々は市民の皆さんに事実を紹介し、共同認識を深め、歴史を鑑として将来に向かい、世界平和に貢献する使命がある」
 「我々は対外人権交流や社会公益活動に全力を投入し、日本の友好団体と協力して歴史を銘記し、平和を守ることが共同の願いだ。今日の展示会開催に協力してくれた関係団体に感謝したい」と述べた。
 この後、日本中国友好協会副会長の木村新一郎、中国大使館参事官の田培良、成蹊大学法科大学院教授の渡邉知行、弁護士の小野寺利孝、全日本民主医療機関連合会事務局次長の伴香葉、弁護士の山本雄一朗の各氏が挨拶した。
【写真】上からオープニング、展示会場、被害者が証言。

熱に関連する単語の検索:悲惨な現状をつぶさに

前の記事:「東アジアの平和をどう築くか」
次の記事:「国墨東瀛―中国当代著名画家作品展」

分享到: 收藏