中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

FJサイバー㈱設立式&中国インバウンドセミナー
2015-11-13 18:52:27   From:篠原功   コメント:0 クリック:

FJサイバー㈱設立式&中国インバウンドセミナーがこのほど青山ダイヤモンドホールで開催された。



 FJサイバー㈱設立式&中国インバウンドセミナー
 
代表取締役の近藤剛氏が開会の挨拶と会社説明
 
中国コミュニケーション協会代表の相原茂氏
特別講演『日中異文化とインバウンド消費』
 
 このほどFJサイバー㈱設立式&中国インバウンドセミナーが青山ダイヤモンドホールで開催された。最初にFJサイバー㈱代表取締役の近藤剛氏が開会の挨拶と会社説明を行ない、㈱やまとごころ代表取締役の村山慶輔氏が来賓を代表して挨拶した。この後、商品説明が行なわれ、休憩の後、中国コミュニケーション協会代表の相原茂氏が『日中異文化とインバウンド消費』と題して特別講演を行なった。また、サイバーマートグループ代表取締役会長の張瑞麟氏が閉会の辞を述べた。夕方からインバウンド懇親会が行われ、一般社団法人ジャパンツーリズム協会専務理事の新津研一郎氏が来賓を代表して挨拶した。
 
 FJサイバー㈱はサイバーマートグループと株式会社フレンドリージャパンとの合資会社。サイバーマートグループの訪日誘客事業(各種ツール)を、日本の自治体や企業に紹介するセールス&プロモーション会社だ。
 なお、サイバーマートグループは、世界最大の電子機器受託生産(EMS)企業グループ「フォックスコンテクノロジー・グループ」のグループ会社。中国・台湾で店舗運営、旅行ツールの開発、020ソリューション提供をしている。
  中国(上海)に本社を置き、台湾(台北)、日本(東京)に支社を持つ、グローバル企業グループであり、中国・台湾で最高レベルのプロモーション実績を武器に訪日観光誘客事業に注力している。






 
 SMS MARKETING SERVICE(ASIA)CO.,LTDの事業内容は、デジタル商品販売チェーン店 サイバーマート経営、商品輸出入業、海外旅行サービスプラットフォーム、スタートアップ企業への投資、マーケティング、プロモーション事業など。
 資本金は2億3400万人民元(44億6250万円=2015年3月現在)で、年間売り上げは9億5600万人民元(182億3000万円=2015年3月現在)。経営店舗数は、大規模チェーン店数21店舗(中国大陸)、入居テナント数8000店、会員数200万人。 
 株式会社フレンドリージャパンは、中国全土の旅行会社ネットワークの人脈を強みに、主に中国旅行社向けBtoB販促を中心に訪日誘客事業を実施している。日本の自治体や企業への中国人誘客コンサルティング、セミナーでの講演、中国現地(上海事務所)での代行営業など、幅広く中国人誘客促進事業を展開している。
 主な事業実績は①自治体誘客事業(Visit Japan)-2010-2012年度 東京観光財団 中国アドバイザリー、2015年度 東京観光レップ(中国)の日本窓口②主なコンサルティング契約-大手百貨店グループ、宿泊施設チェーン、商業施設チェーンその他自治体、タイアップ事業実績あり③主な媒体-中国旅行社向け販促冊子「壹游日本」を発刊・配布など。
【写真】上から設立式の模様。挨拶する近藤剛代表取締役。特別講演を行なう相原茂代表。挨拶を行なう張瑞麟代表取締役会長。
 
 

熱に関連する単語の検索:FJサイバー㈱

前の記事:ミス・インターナショナル代表、東京スカイツリ―タウンへ
次の記事:「中国―アジア鉄道物流事情調査」報告会

分享到: 收藏