中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

「2015 第12回馬驍藝術大賞展 第3回作家展」
2015-12-24 18:16:21   From:篠原功   コメント:0 クリック:

「2015 第12回馬驍藝術大賞展 第3回作家展」が11月27日から12月2日まで東京・墨田区のすみだリバーサイドホールギャラリーで盛大に開かれた。


記念写真
  
馬驍水墨画会設立36周年記念
 
「2015 第12回馬驍藝術大賞展 第3回作家展」
 
水墨画・墨彩画70点余り展示、多くの鑑賞者で賑わう
 
 馬驍水墨画会設立36周年記念「2015 第12回馬驍藝術大賞展 第3回作家展」が11月27日から12月2日まで東京・墨田区のすみだリバーサイドホールギャラリーで盛大に開かれた。期間中、水墨画・墨彩画70点余りが展示され、多くの鑑賞者が訪れた。馬驍水墨画会全国本部、馬驍藝術大賞展実行委員会が主催し、駐日中国大使館文化部、日中文化交流協会、㈱ユーキャン、㈱日貿出版社、㈱可成屋が後援した。
 
 馬驍水墨画会は1979年に静岡県で創立された。水墨画画家の馬驍氏が水墨画の普及と地位向上を目標とした水墨画のための団体だ。同会は水墨画と墨彩画の基礎から生涯学習として定期講座などを開催、毎年会員作品展を主催してきた。
 21世紀への新しい時代へ対応するとともに、芸術の理念追求を目標として室伏哲郎氏(芸術評論家)と北岡文雄氏(美術家連盟理事長)のアドバイスにより画展作品展の名称を1999年に「馬驍藝術大賞展」と定めて活動してきた。
 また毎回、会員展の実行委員や実行委員長には、評論家、画家、書家、彫刻家、音楽家、詩人、女優、舞踊家など、多方面の著名人に就任を要請し、その指導理念のもとに全員が作品の創作を行なってきた。最近は、模倣や塗り絵的な絵など、会の理念に反する作品は少なくなり、独自の創作作品が多くなっているという。
今年の実行委員長は、中国出身の舞踊家、書道家である中西舞さんに要請した。開幕式では馬驍氏の潑墨作品をイメージした創作舞踊『鶴之舞』と『墨之舞』を優美に披露し、参加者の大きな拍手を浴びていた。
 なお、今回の展示会出品者では、この道36年のキャリアを持つ田口婦美子さん(静岡県)に特別功労賞が贈られた。なお、田口さんは84歳で高齢だが、芸術に対する情熱は人一倍強く、才能を磨くことに余念がない。一方、キャリア半年という林雄廣さん(東京都)も作品を展示し、新境地を開くことに情熱を傾けていると称えられた。


中西舞さんの「鶴之舞」


鑑賞者で賑わう会場


画家の馬艶さん
 
◆個性や独創性を発揮、作品創造に力を入れる
 
 馬驍氏の長女で画家の馬艶さんは今回の展示会について「塗り絵でもなく、単なる水墨画でもない。自分の内面に膨らんでいる独自の世界を創作することに重点を置いている。また、創作に当たっての東洋文化が誇る筆づかい、色づかいに拘(こだわ)っている。そのため外部からさまざまな領域で活躍している芸術家を招聘。その芸術に刺激を受け、創作意欲を高める機会を増やしている。個性や独創性を大いに発揮して、東洋の美学に迫る創作に力を入れているところ」と語っていた。
出品者は次の通り。(敬称略)
【作家】
荒井美代子(福島県)、大野洋子(東京都)、鎌島純子(札幌市)、菊島幸子(神奈川県)、上坂幸市(茨城県)、国領理恵(神奈川県)、小村文子(埼玉県)、佐藤千恵子(静岡県)、鈴木静江(静岡県)、高木まり子(東京都)、高橋周子(東京都)、田口婦美子(静岡県)、竹井嘉郎(東京都)、土田憲子(東京都)、坪内澄代(埼玉県)、徳納美津(埼玉県)、外山幸子(東京都)、根岸協子(東京都)、荷見博子(東京都)、八幡佐起子(奈良県)、廣住美智子(静岡県)、水上玲(東京都)、道江義頼(埼玉県)、宮田豊子(群馬県)、山森久美子(神奈川県)、横山久美子(東京都)
【会員受賞者】
麻生節子(千葉県)、石塚二穂(茨城県)、上島節子(千葉県)、榮野比常子(沖縄県)、大附瑞枝(東京都)、大山小夜子(千葉県)、岡﨑豊輝(東京都)、桐生厚志(東京都)、熊切藤栄(静岡県)、熊坂ミヨ子(埼玉県)、栗下好野(神奈川県)、小池清子(千葉県)、佐藤美奈子(東京都)、柴田玲子(神奈川県)、嶋田峯子(千葉県)、白井守之(愛知県)、白井道子(愛知県)、高野山益美(千葉県)、田中千恵子(千葉県)、徳橋恭子(東京都)、西本佳代(東京都)、根本京子(茨城県)、林雄廣(東京都)、細川悦子(千葉県)、廣田好恵(千葉県)、逸見輝子(千葉県)、御子柴洋子(東京都)、水野美津子(東京都)
【会友受賞者】
荒木あや子(千葉県)、太田憲子(埼玉県)、駒木寿美枝(埼玉県)、斉藤栄子(千葉県)、佐藤嘉代(千葉県)、鈴木忠一(埼玉県)、田中早苗(千葉県)、山内章子(埼玉県)

熱に関連する単語の検索:馬驍

前の記事:衆議院議員の牧義夫氏に聞く「国民本位の改革とは」
次の記事:NPO世界開発協力機構が「WSD世界人権サミット」開催

分享到: 收藏