中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

自動車業界4団体「2016年の賀詞交歓会」開く
2016-01-06 14:59:42   From:本紙記者   コメント:0 クリック:

1月5日、都内港区にあるグランドプリンスホテル新高輪で自動車4団体の賀詞交歓会が開かれた。


自動車団体の代表ら勢揃い

自動車業界4団体「2016年の賀詞交歓会」開く
JAMAの池史彦会長、課題改善で3方針打ち出す

 さる1月5日、都内港区にあるグランドプリンスホテル新高輪において、自動車団体4団体、一般社団法人日本自動車工業会(JAMA)、一般社団法人日本自動車部品工業会(JAPIA)、一般社団法人日本自動車体工業会(JABIA)、一般社団法人日本自動車機械器具工業会(JAMTA)合同の新年賀詞交換会が開催された。 2500名を越える業界関係者らが訪れる中で開かれた賀詞交換会では、冒頭、主催団体を代表してJAMAの池史彦会長が登壇、満場の会場内に向け新春の挨拶を行った。
 池会長はTPPやEPAなど「経済連携協定」をはじめ「地球環境」「自動運転」「税制」といった4つの課題に触れながら、更なる業界発展に向け3つのキーワードを提示(『国内の市場活性化』『国内の事業環境改善』『安全・環境の更なる促進』)、このうち安全・環境について、池会長は次世代自動車開発に触れる中で、2020年開催の東京五輪に関連して「世界の人々へ日本の技術力をアピールできる絶好の機会」と語った。
 壇上では池会長に続いて来賓として林幹雄経済産業大臣、石井啓一国土交通大臣が相次いで挨拶。自動車産業のますますの発展に向け改めて熱いエールを贈った。
 乾杯の発声はJAPIAの玉村和己会長が務め、「この交歓会が今年の仕事始めという方も多いのでは」と場内に笑いを誘うと、改めて今年1年の幸運を願い、杯を高く掲げた。


JAMAの池史彦会長


林経産大臣


石井国土交通大臣


賑わう会場

 

熱に関連する単語の検索:自動車団体

前の記事:NPO緑色生命の易解放理事長、砂漠緑化の渾身の取り組みを報告
次の記事:浜田和幸 参議院議員に聞く「日中関係改善」⑤

分享到: 收藏