中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

女優・王メイ子さん 日本のテレビドラマ、CMなどで大活躍
2016-04-07 19:25:58   From:篠原功   コメント:0 クリック:

女優、エステサロン経営などで大活躍の王メイ子さんをクローズアップ。








女優・エステサロン経営 王メイ子さん
 
日本のテレビドラマ、CMなどで大活躍
 
 女優、エステシャン、さらに介護、草月流生け花師範の資格などを持ち、気功から太極拳まで何でも手掛け、多彩な活動をしている女性がいる。王メイ子さん(中国名:玫子)だ。遼寧省出身で日本国籍を取得している。1977年から1981年まで本渓市歌舞劇団舞踏、翌年から86年まで遼寧省人民芸術劇院に入団、彗星のように登場し、本格派女優として活躍してきた。中国での映画やテレビドラマなどにも多数出演、来日後はエステサロンを経営するだけでなく、日本のテレビドラマをはじめ、CMなどにも出演と枚挙に暇なし。そんな王さんの活躍をクローズアップした。
 
◆高い目標を掲げ、着実に基礎を築く
 
 王さんは、遼寧省本渓市の小中学を経て、同省瀋陽市遼寧教育学院文学部を卒業した。中学を卒業後、まもなく本渓市歌舞劇団に所属し、遼寧教育学院在学中にすでに舞台やテレビドラマに出演、女優として活躍を始めた。
 舞台は1977年の『華主席来到雪山下』を皮切りに、『海螺線姑娘』『小二黒結婚』『孔雀恋』『人参娃娃』などに相次いで出演した。中には150回から200回も連続出演した演目もあった。一方、テレビドラマは、1983年の『老牛和小牛』への出演を皮切りに、『渡過命運的廃墟』『情暖万家』などに出演して知名度を上げた。
 王さんの日本での活動は2000年1月から始まった。美容・エステの専門家としての才能を磨くことだった。同年7月まで日本トニータナカビューティスクールヘアーメイクコース在籍、ヘアーメークを学ぶだけでなく、2001年4月から2002年9月まで拓殖大学日本語研究センターコースで日本語の修得に力を入れた。
同時に2004年から同年9月まで遼寧省美容学校美容専科で学び、2005年1月から4月までたかの友梨エステティックアカデミービューティセラピー専科でさらなるステップアップを図った。
 そして満を持して2004年9月に青山レ―ナ・アリアエステでエステシャンとしてプロデビューを果たし、2006年5月には自宅で待望のエステサロン・クイーン(気功エステ)を開業し、エステサロンの経営者として自立した。驚くべきことは王さんの向学心は高まるばかり。2015年から日本華僑大学華文学院で研究生として学んでいることだ。


フジテレビのアンビリバボ―に出演
 
◆フジTVのアンビリバボーで渾身の演技
 
 エステサロン経営者として成功したものの、王さんは女優やモデルとして活躍することが願いだという。中国で若い頃から舞台やテレビドラマなどに出演、その醍醐味を味わってきただけに、舞台やドラマでスポットライトを浴びる時の心のトキメキ、観客の拍手や歓声などがいつも脳裏に焼き付いている。「テレビドラマや映画、CM出演で活躍したい。そのことを通じて人々を楽しませたい」と王さんの決意は揺るがない。
 日本で最初に出演したテレビドラマはフジテレビの2014年5月放映の『奇跡体験!アンビリバボ― マンホール監禁殺人!?被害女性!死闘64時間』に主役として出演して高く評価されたことだ。この番組はフジテレビ系列でイースト・エンタティメントと共同制作され、1997年10月25日から毎週木曜日に放送されているドキュメンタリー系・バラエティ番組。
 ストーリーは2013年12月12日、中国海南省・海南島で実際に起きた事件だ。路地に設置されていた監視カメラが偶然、驚愕の映像を捉えた。雨の中、男性と傘をさして歩いていた女性が突然マンホールに転落。男性は女性を助けるどころかマンホールに押し込んでフタをして立ち去った。
 その4日後、被害者の女性は奇跡の生還を果たしたという事件だ。ちなみにこの男性は被害者の女性に多額の借金をしていた。それをチャラにするため男性は女性を事故に見せかけマンホールに突き落としたという。この女性が救助されるまでの64時間の死闘を王さんが渾身の演技で再現したのだ。


NHKザ・プレミアム『撃墜~3人のパイロット~』


TBSドラマで共演した俳優のDEAN FUJIOKAさんと
 
◆NHKザ・プレミアムでも好演技
 
 次いで同年5月にはNHKザ・プレミアム『撃墜~3人のパイロット~』(前編・後編)に中国人パイロットの母・楽邱福を演じた。実在した日米中の3人の戦闘機パイロットの人生をドラマ化したものだ。
  「空の宮本武蔵」と呼ばれる日本海軍の武藤金義。中国空軍の英雄、楽以琴。若きアメリカ兵、ロバート・アップルゲート。3人の若者の運命が、戦争と国家に翻弄され、大空でぶつかり合う。
  あらすじはこうだ。1984年、アメリカ海軍の元パイロット、ロバート・アップルゲートのもとに、一人の歴史研究家が訪ねる。彼は、愛媛県久良湾で引き上げられた旧日本軍最強の戦闘機「紫電改」の写真を見せ、『この戦闘機を撃墜したのは貴方だ』と告げる。操縦していたのは、後に「空の宮本武蔵」と呼ばれることになる名パイロット・武藤金義であるという。
  自分が撃墜したのはどんな男だったのか。調べるうちにアップルゲートは、武藤金義も日中戦争で中国空軍の英雄であるパイロット・楽以琴(ガク・イキン)を撃墜していたことを知る。中国の英雄を日本の英雄が撃ち落とし、その日本の英雄をアメリカ人である自分が撃ち落とす。3人のパイロットの不思議な因縁を感じたアップルゲートは、大空に散った2人の人生を知る旅に出るというもの。
 前述したドラマはいずれも極めてドラマティックで王さんには高度な演技力が求められた。この後もTBS『ペテロの葬列』(2014年)、制作プロダクションロボットの『どす恋ミュージカル』(2015年)、フジテレビ再現ドラマ『世界誘拐ファイル』と続き、最近では女優・深田恭子さん主演のTBSドラマ『ダメの私に恋をしてください』(第6話:2016年)に出演した。
 このほかCMにも多数出演したおり、最近、本格派女優として目覚ましい活躍をしている。王さんは「明るく、優しく、美しく」を合言葉に末永く活躍していきたいと微笑んだ。

熱に関連する単語の検索:女優 王メイ子

前の記事:『第6回やまとごころフォーラム』
次の記事:「継往開來-中国『新徽派』美術作品展」を開催

分享到: 收藏
コメントのランキング