中国語  日本語
ホーム > デジタル記事 > 記事全文

サンジーヴ・スィンハ氏が『インドと日本は最強コンビ』発刊
2016-05-12 16:40:21   From:篠原功   コメント:0 クリック:

サンジーヴ・スィンハ氏が『インドと日本は最強コンビ』を講談社から発刊した。その出版記念レセプションが4月20日午後3時半から東京・永田町の衆議院第一議員会館で開かれた。


サンジーヴ・スィンハ氏



サンジーヴ・スィンハ氏が『インドと日本は最強コンビ』発刊
 
出版記念パーティに各界から錚々たる顔ぶれ
来賓・発起人が日印友好への多大な貢献称賛
 
 サンジーヴ・スィンハ氏が『インドと日本は最強コンビ』を講談社から発刊した。その出版記念レセプションが4月20日午後3時半から東京・永田町の衆議院第一議員会館で開かれた。同氏は知日家・親日家であり、日本のビジネス界で活躍するだけでなく、日印友好関係のために大きな力を注いでいる。同著は2014年9月に出版した『すごいインド――なぜグローバル人材が輩出するのか』(新潮新書)に次ぐ力作だ。
 
 サンジーヴ・スィンハ氏は、インド工科大学出身で日本語も堪能。日印間のビジネス支援を目的に日本のビジネス界を中心に日本とインドの懸け橋として活躍している。昨年、日本女性と結婚、最近第一子を設けている。
 同氏が日印交流でいかに存在感があるかは、この日のレセプションの発起人の顔ぶれをみれば一目瞭然。政治家、外交官、国際機関、経済団体などの錚々たるメンバーが名を連ねている。参考までに名前を列記したい。
 まず、森喜朗 公益財団法人日印協会代表理事・会長 元総理大臣、塩崎 恭久 厚生労働大臣、太田 昭宏 衆議院議員、前国土交通省大臣、森英介 衆議院議員、元法務大臣、竹本 直一 インド友好若手議員の会会長、海外インフラ輸出促進議員連盟会長、西村康稔 衆議院内閣委員長、鈴木修 スズキ株式会社代表取締役会長、黒川清 政策大学大学院アカデミック・フェロー、東大名誉教授、安西 祐一郎 日本学術振興会理事長、元慶応義塾大学長 比良竜虎 印日商工会会長、ホテル・マネジメント・インターナショナル代表取締役社長、渋澤健 渋沢栄一記念財団理事、公益財団法人日印協会評議員、谷野作太郎 元駐インド日本大使、アフターブ・セット 元駐日インド大使、旭日大綬章受章、榎泰邦 元駐インド日本大使、堂道秀明 独立行政法人国際協力機構副理事長、元駐インド日本大使、前田匡史 株式会社国際協力銀行代表取締役専務取締役、平林博 公益財団法人日印協会代表理事・理事長、元駐インド日本大使。


夫人も誕生したばかりの第一子を伴ってステージに(左)


来賓を代表して日印友好議員連盟会長の細川博之氏が挨拶

 レセプションでは、最初に発起人を代表して公益財団法人日印協会代表理事・理事長であり、元駐インド日本大使の平林博氏が挨拶した。平林氏はサンジーヴ・スィンハ氏の経歴を詳細に紹介し、同氏の活躍を称えた。
 来賓を代表して日印友好議員連盟会長の細川博之氏は「インドとの関係はアジアの中のバランスを考えても重要。日印関係発展のためにも頑張っていきたい。サンジーヴ・スィンハ氏が日印関係に理解を深めていることを感謝したい」と語った。
 
◆世界的な活躍、日印関係強化に大きな期待
 
 また、元法務大臣の森英介氏は、サンジーヴ・スィンハ氏とのこれまでの交流を振り返りながら「日印の懸け橋になっていることに敬意を表するとともに、今後の発展を心より祈りたい」と語り、国土交通副大臣の山本順三氏は、インドに日本の新幹線の採用が決まったことを挙げ、「今後、日印関係は強力になる。サンジーヴ・スィンハ氏には日印の懸け橋を期待している」と語った。
 発起人の日本学術振興会理事長・元慶応義塾大学長の安西祐一郎氏は、サンジーヴ・スィンハ氏がさまざまな分野で日本に貢献していることを強調し、「特にビジネス、政治、学術などでの貢献が大きい」と称えた。さらに「サンジーヴ・スィンハ氏は世界を見据えて日印関係を強化し、日本において日本人として苦労されている。今後も日本のグローバル化、世界の発展に貢献してほしい」と要望した。
 これらを受ける形で挨拶に立ったサンジーヴ・スィンハ氏は、これまで各界の多くの人たちと親交の事例やエピソードを披歴しながら、「出版記念レセプションだけではこれだけ多くの方々が来られなかったと思う。今後も日印関係が強大な発展を遂げられると確信している」と述べた。
 著者 Sanjeev Sinhaサンジーヴ・スィンハ氏の経歴は次の通り。
 1973年インド・ラジャスターン州生まれ。IIT(インド工科大学)物理学修士課程を修了後インドGodrej社入社。1996年人工知能の研究開発のため来日。その後金融修士課程終了、ゴールドマンサックス証券、みずほ証券、UBS証券、サン・アンド・サンズ社創設などを経て、インド大手TATAアセット・マネジメントとTATAリアルティ・アンド・インフラ兼務日本代表、PwC Japanディレクターを勤める。
 2016年くにうみアセット・マネジメント株式会社執行役員マネージング・ディレクターとIJIPアセット・マネジメント株式会社代表取締役社長兼務。
 朝日新聞、日経新聞コラムニスト、NHKやカンブリア宮殿等に出演、印度工科大学同窓会日本支部創設代表、流山市顧問、国際大学講師、京都大学顧問、経済同友会等で講演、著書には、ベストセラーになった「すごいインド」(新潮新書 http://amzn.to/1XBlsrB )と『インドと日本は最強コンビ』(講談社 http://amzn.to/1Q4WIX2 )がある。
 
 

熱に関連する単語の検索:サンジーヴ

前の記事:㈱ワイドテックが対中輸出商品向け「正規品認証サービス」
次の記事:日本華人職業女性聯誼会が多彩な活動

分享到: 收藏