中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

李克強副首相、パプア首相と会見 釣魚島問題に言及
2012-09-12 14:09:29   From:   コメント:0 クリック:

 中国の李克強副総理は11日、寧夏回族自治区銀川で、寧夏2012年中国(寧夏)国際投資貿易商談会・第3回中国・アラブ諸国経済貿易フ...


 

 中国の李克強副総理は11日、寧夏回族自治区銀川で、寧夏2012年中国(寧夏)国際投資貿易商談会・第3回中国・アラブ諸国経済貿易フォーラムに出席するため訪中したパプアニューギニアのピーター・オニール首相と会見した。

 

   中国の李克強副総理は11日、寧夏回族自治区の銀川での寧夏2012年中国(寧夏)国際投資貿易商談会・第3回中国・アラブ諸国経済貿易フォーラムに出席するため訪中したパプアニューギニアのピーター・オニール首相と会見した。席で、李克強副総理は釣魚島および付属島嶼は古くから中国固有の領土で、中国は争うことのできない主権を持っていると強調した。

   李副総理は次のように述べた。釣魚島および付属島嶼は古くから中国固有の領土で、中国は争うことのできない主権を持っている。中国の国家主権と領土保全を守る決心と意志は変わらず、釣魚島への主権を断固維持する。第2次世界大戦中、中国とパプアニューギニアは共に日本に侵略された。日本の釣魚島問題での立場は世界反ファシズム戦争の成果に対する否定であり、戦後の国際秩序に対する挑発である。平和を愛し、正義を持つ国と人民は認めることができない。

   これに対してピーター・オニール首相は、次のように表した。パプアニューギニアには中国と似たような歴史的境遇があり、中国の釣魚島問題での立場を理解している。日本のやり方は国際社会に認められない。国際社会は共に第2次世界大戦後の国際秩序を維持するべきだ。

   (新華網日本語)

熱に関連する単語の検索:パプア首相

前の記事:日本政府の「釣魚島購入」に両岸同胞が憤り
次の記事:外務省、「購入」という誤った決定の取消しを要求

分享到: 收藏