中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

メード・イン・チャイナ リオ五輪で「中国旋風」
2016-08-09 15:44:46   From:人民網日本語版   コメント:0 クリック:

五輪は世界トップレベルのスポーツイベントであり、4年に1度のビジネス攻略戦でもあり、世界の大手ブランドが五輪の舞台で戦いを繰り広げ、五輪をきっかけにブランドの影響力を拡大し

ラジオ放送・経済之声の経済情報番組「央広財経評論」によると、2016年第31回リオデジャネイロ夏季五輪に中国から参加したのは、選手ばかりではない。五輪は世界トップレベルのスポーツイベントであり、4年に1度のビジネス攻略戦でもあり、世界の大手ブランドが五輪の舞台で戦いを繰り広げ、五輪をきっかけにブランドの影響力を拡大しようとしている。

リオ五輪に採用されたメード・イン・チャイナ全製品の中で、投資額が最も大きいのは地下鉄車両だ。中国の鉄道交通設備が海外での五輪にサービスを提供した初めてのケースにもなった。中国産車両が走る路線は連日30万人を運び、市街地エリアから五輪の中心エリアへの移動時間を30分短縮。この「五輪地下鉄」の開発者は、中車長春軌道客車株式有限公司(CRRC)だ。

今、リオは冬だ。年間を通して高温のリオは、天気がくるくると変化するので、エアコンが非常に重要になる。中国家電ブランド「格力」はリオ五輪の公式サプライヤーで、競技場や関連プロジェクトに空調設備とサービスを提供する。これはつまり、格力が国際オリンピック委員会(IOC)の生産管理、社会的責任、持続可能な発展など各方面の評価と審査に合格したことを意味する。格力だけでなく、中国家電メーカーの「美的」も競技場の入札を競り落とした。

五輪開催期間に使用される、何ものも見逃さないX線検査場の設備、動画モニタリング設備は、主に中国メーカーが提供し、中国から輸入された安全検査設備200台あまりが五輪の順調な開催を「護衛」する。記念Tシャツやマスコットなどのローエンド製品から、科学技術のウェイトの高い軌道交通、安全検査設備、競技用器材、会場建設などのハイエンド製品まで、至るところにあるメードインチャイナが、リオで中国旋風を巻き起こしつつある。

こうした状況について、国家発展改革委員会対外経済研究所国際協力室の張建平室長は次のように分析・解説した。
 

張室長は、「以前に南アフリカでワールドカップが行われた時、中国的要素はすでに非常に豊富かつ多彩で、メード・イン・チャイナがいたるところで目に入った。今回はメード・イン・チャイナの要素のある範囲がさらに拡大し、分野がより広がり、その主な原因は中国が現在、世界で最大の代表的な製造業センターであること、世界最大の貨物貿易国家であること、世界最大の輸出国であることで、こうしたことから五輪という重大なイベントで、中国の優位性が非常に目立つことになった。地下鉄、エアコン、安全検査設備だけでなく、五輪競技場の建設過程で使用された工作機械はすべて中国メーカーが提供したものだ。また選手、聖火ランナー、ボランティア、技術者が着用するスポーツウェアも中国のスポーツ用品メーカーが提供した。五輪の記念品、マスコット、公式バッヂなどのライセンス商品も中国メーカーが生産している。また中国トップクラスの通信会社・華為は、リオ五輪の全方位的通信保障サービスを提供する。電力も中国の国家電網により供給されている。全体としていえるのは、メード・イン・チャイナが現実にリオ五輪のあらゆる方面をカバーしているということだ」と述べた。

また張室長は、「中国製品の質や技術を懸念する人がいるかもしれない。私自身は懸念するには及ばないと考える。まず、現在の中国の輸出製品の品質や技術は全体として合格レベルに達している。次に、リオ五輪には調達業者の計画があり、製品の性能、価格、技術、品質に相応の要求と基準がある。中国製品のコストパフォーマンスが突出して高いため、中国企業が関連のプロジェクトを落札することになる」と述べた。

張室長は、「今後は大衆による起業・革新(イノベーション)を強化すると同時に、独自ブランド、知的財産権、自主革新を結びつけ、中国製品の質と評判を高め、中国の市場シェアを拡大することが必要だ」との見方をうち出した。

熱に関連する単語の検索:メード

前の記事:ハッキング、香港でビットコイン65億円盗難
次の記事:第13次五カ年計画、科学技術革新の青写真を発表

分享到: 收藏