中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

中国初の「趣」ある中国人を分析した「中国趣味報告」発表 
2016-09-12 14:53:55   From:人民網日本語版    コメント:0 クリック:

この結果から、都市の発展レベルと住民の趣味の豊かさとの間に相関関係は無いことが分かる。また、幅広い趣味を持つ住民が多い都市トップ10のうち、南方の都市が8都市を占めた。

中国社会科学院国情調査・ビッグデータ研究センターとQQ興趣部落は9日、中国で初の「中国趣味報告」を共同で発表した。ビッグデータを全面的に分析して得られた調査結果から、これまではっきりと理解されていなかった「趣」ある中国人の全容が明らかになった。

○「趣味」とはただ単に「楽しめる」だけではない

ビッグデータによると、中国人の95%は、「自分には趣味がある」と答え、「自分の趣味は幅広い」と答えた人は62%に上った。幅広い趣味を持つと回答した住民が多く住む都市を見ると、トップ3は順に、鄭州、北京、成都で、上海は第5位、深センは第7位、広州は第10位にランクインしている。第6位の蘇州は、江蘇省で唯一トップ10に入った。この結果から、都市の発展レベルと住民の趣味の豊かさとの間に相関関係は無いことが分かる。また、幅広い趣味を持つ住民が多い都市トップ10のうち、南方の都市が8都市を占めた。

ではこれら「趣味」とは一体何なのだろうか? 社会科学院が公式に発表した定義によると、「楽しめる」、「お金をかけてずっと続けたい」、「身分の能力を高めることができる」という3条件を満たすことができるものを「趣味」としている。このような基準が設けられた場合、これらの基準を満たす「正真正銘」の趣味を持っている人は、全体のわずか14%にとどまった。
 

○音楽、スポーツ、読書は全国民に人気の趣味

それでは、中国人に最も人気が高い趣味とはどんな趣味だろうか?1960年代生まれから2000年代生まれの趣味ランキングによると、トップ3の音楽(55%)、スポーツ(46%)、読書(40%)が堂々「全国民的趣味」となっている。このうちトップの音楽は、ほぼ全ての年齢層において、趣味ランキングの首位または第2位を占めた。

当然のことながら、年齢層が異なると、趣味も異なってくる。2000年代生まれ、1990年代生まれ、1980年代生まれは、制約のない自由をこよなく愛し、1970年代生まれと1960年代生まれはすでに成熟した年齢に入り、セルフケアを重視している。エネルギーがあり余っている若者にとって、映画鑑賞、ゲーム、アイドルの追っかけは常に彼らの趣味となっており、動物を自然に帰すこと、二次元(漫画・アニメ・ゲーム)、ハンドメイドなどが彼らにとって新しい趣味となっている。だが、年齢が上がるにつれて、これら娯楽的な趣味に対する関心度は次第に低下し、それに代わってセルフケアに対する興味が急速に高まってくる。

面白いことに、中国人の趣味にも時代の変遷が見られる。調査によると、2016年リオデジャネイロ・オリンピック開催中、スポーツに対する中国人の関心は急速に高まった。特に、自由奔放なイメージの傅園彗選手の人気が沸騰したことで、水泳教室への申込者数が倍増したという。このような状況から、国民の趣味は決して永遠に不変ではなく、時々刻々変化していることが明らかになった。

○学生の7割、「専攻分野の決定要因、トップは趣味」

「趣味と合致した仕事をしている人」はわずか5割

趣味と自分の将来的な成長との間には、きわめて重要な関係があることに疑いの余地はない。外部原因の影響によって、趣味も時として諦めざるを得ないときもある。まだ仕事をしていない学生にとって、趣味は自分にとって最も大切なものだ。学生の68%は、「専攻分野を選ぶ上で一番考慮するのは自分の趣味」と答え、「将来の成長の可能性」と「専攻の実力」はいずれも、趣味よりも優先度が下になっている。

だが、実際に卒業して社会人になると、「仕事と趣味が一致している」人は全体の54%にとどまり、「福利厚生・収入」や「昇進」といった現実問題が、だんだんと個人の趣味に取って代わり、キャリア発展の上での主要因となっている。このうち、高学歴・高所得層の仕事は、個人の趣味と合致している傾向が高かった。また、「趣味を諦める」割合が最も高い年代は1980年代生まれだった。だんだんと社会の中堅力となりつつあるこの世代にとって、仕事や学生を優先させるために趣味を犠牲にすることが、往々にしてあるようだ。

現実に屈してしまう大人は多いようだが、ビッグデータによると、趣味をめぐる習い事は依然、中国人にとって極めて重要な趣味を深める手段となっている。中国人の40%は、趣味を深めていく上で習い事は大変重要だと考えており、77%は、「自分の子供を習い事に通わせたい」としている。

面白いことに、これらの保護者のうち、最初は自分が習い事に通い、それにのめり込んでしまった保護者たちが同じ習い事を子供にも習わせたいと思っている人は46%を占めた。


熱に関連する単語の検索:中国 趣味 中国人

前の記事:修繕進む「世界最古の木塔」応県木塔 一部開放
次の記事:上海、住宅市場過熱で「偽装離婚」ブーム

分享到: 收藏