中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

周明偉氏:中日は「隣人関係」、両国関係の大局から処理を
2016-09-29 10:41:35   From:中国網日本語版   コメント:0 クリック:

 

 

第12回北京―東京フォーラムが27日、東京で開幕した。テーマは「世界やアジアの平和、発展に向けた中日の役割と協力」。中国国際出版集団の周明偉総裁が開幕式で式辞を述べた。要旨は下記の通り。

今月上旬に開かれたG20杭州サミットにおいて、習近平国家主席と安倍晋三首相は3回目の会談を実現した。両国首脳の会談の成果は、現在の中日関係の情勢、今後の両国関係の発展に新たな認識と契機をもたらし、本フォーラムの開催成功に重要な基準をもたらした。うち私が印象的だったのは、中日両国の首脳が、中日は二国間関係の改善を重視すべきであると強調し、両国が引っ越しできない隣人であることで同意したことだ。

私はこれについて2つの考えを持っている。皆さまと検討できれば幸いだ。

まず、一衣帯水の地理的位置は、中日両国が世々代々の隣人関係であることを決めている。双方が好むと好まざるとに関わらず、中日両国が隣り合っているという局面を変えることはできない。2000年以上に渡る中日交流の歴史は、両国が相睦まじくしなければ、国の繁栄と国民の平穏無事が実現されないことを教えてくれる。中日間の大国関係、隣人関係をいかに適切に処理するか。これは両国と国民のみならず、両国の地域及び世界の平和・発展事業における貢献と責任に関わる。これは中日両国が共に見据えるべき、恒久の課題だ。

今や、中日は世界2・3位の経済体で、アジアと世界で重要な力を発揮している。これは歴史上なかった局面だ。中日両国がウィンウィンを実現し、地域の安定を維持し、世界経済の回復の促進といった世界的な事業でプラスのエネルギーを捧げることができれば、それは両国民だけではなくアジアと世界の福となる。これは中日両国の得難い歴史的チャンスであり、中日両国が逃れることのできない時代の責任だ。

次に、隣人関係を適切に処理し、良き隣人になる。双方は良き願いを持つほか、共通認識により良き隣人のルールを作る。これにより2人の隣人間の協力、相互信頼、ウィンウィンを保証し、隣人間の食い違いとトラブルを適切に処理する。

中日両国の4つの政治文書と4つの原則的共通認識は、両国の隣人関係を適切に処理するルールであり、古い問題をコントロールし新たな問題を防止し、障害物を取り払う宝物だ。現在の中日関係を改善する根本的な方法であり、政治的相互信頼を構築し、金融・貿易・環境保護・人文交流を促し、互恵とウィンウィンを実現する原動力だ。

現在の中日関係は複雑化しているが、双方が民間の力を十分に発揮し、広く知恵を集め共に向き合うことができれば、両国関係が順調に「坂を登り溝を越える」という重要な時期を乗り切ることを促せるはずだ。また中日の政治的相互信頼の促進、安全保障、経済・貿易の相互利益の拡大、メディアによる協力、国民感情改善などで、新たなモデルを形成し、新たな分野を切り開き、新たな原動力を模索するための自信と勇気をつけてくれるはずだ。

熱に関連する単語の検索:大局 中日 周明偉

前の記事:中国主要沿岸部都市の海洋科学技術革新評価を発表
次の記事:「シルクロード急行」、新たに2便がお目見え

分享到: 收藏