中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

日本には釣魚島を世界遺産申請の対象にする権利はない
2013-02-19 16:03:46   From:   コメント:0 クリック:

中国外交部の洪磊報道官は18日の定例記者会見の後、『世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約』の関連条項によれば、日本には中...
  中国外交部の洪磊報道官は18日の定例記者会見の後、『世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約』の関連条項によれば、日本には中国の領土である釣魚島を世界遺産申請の対象にする権利はないと述べた。

   ある記者が、報道によると、日本政府は鹿児島県と沖縄県の「奄美・琉球」の世界自然遺産への登録を目指しており、冲縄県石垣市は日本政府に釣魚島をも世界自然遺産の申請リストに加えるよう求めたが、中国側はこれに対しどのように評するか、と質問した。

   洪磊報道官は次のように述べた。釣魚島及びその付属島嶼は古来より中国の固有領土である。『世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約』の関連条項の規定によれば、日本には中国の領土である釣魚島を世界遺産申請の対象にする権利はない。日本国内の一部のものの企ては目的を達せられないのである。

熱に関連する単語の検索:中国 外交部 日本

前の記事:駐日大使館が「中国大使館・日中友好団体2013新年会」開く
次の記事:中国凱里でがけ崩れが発生 5人が生き埋めに

分享到: 收藏