中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

世界初の遺伝子組み換え低乳糖乳牛、来年牛乳生産の見込
2013-03-08 14:19:08   From:   コメント:0 クリック:

全国政協委員で内蒙古農業大学生物製造重点実験室の周歡敏主任は7日新華社の記者の取材を受けた際、中国で育てた世界初の遺伝子組み換え...
    全国政協委員で内蒙古農業大学生物製造重点実験室の周歡敏主任は7日新華社の記者の取材を受けた際、中国で育てた世界初の遺伝子組み換え低乳糖乳牛ラクスが去年4月24日に誕生し、来年5月正常に牛が子を産んだ後、低糖牛乳を生産する見込みがあることを明らかにした。

    世界には約30%から50%のアジア人、アフリカのある地域の80%の人々、5%のヨーロッパ人が異なる程度の乳糖不耐症を患っており、新鮮な牛乳或いはヨーグルトを飲むことができないという。ラクスの誕生は、世界中の乳糖不耐症の消費グループに福音をもたらした。

    この研究成果は、世界中の乳糖不耐症患者が牛乳を飲みたいというニーズ、およびラクターゼ工業生産のニーズを満たすと見なされる。

熱に関連する単語の検索:世界 乳糖 乳牛

前の記事:中国の鉄道改革は安全確保 政協全国委委員語る
次の記事:中国の検察機関が過去5年間、部クラス幹部30人を調査

分享到: 收藏