中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

北京で春節祝う花火販売始まる 市当局は大気汚染を警戒
2017-01-23 11:02:54   From:大阪日日新聞   コメント:0 クリック:

中国北京市で28日の春節(旧正月)を祝う花火や爆竹の販売が22日始まった。市当局は大気汚染を警戒し近年、売り場の数を減らすなどの対策を取っている。春節期間中、深刻な大気汚染が見込まれる場合は使用を禁止する方針だ。
 北京市内の販売所で売られる花火や爆竹=22日(共同)

 中国メディアによると、今年当局から販売許可を得た北京市の売り場数は前年比約3割減。春節の花火と爆竹は年に1度の市民の楽しみで、当局も一律に禁止できないが、市民には使用自粛を呼び掛けている。

 北京市朝陽区の売り場の女性は「あまり売れてない。近年は市中心部で売ることも認められなくなり、商売は厳しくなる一方だ」と話した。

熱に関連する単語の検索:花火 当局 北京

前の記事:中国人富豪、経済を楽観し移住意向が弱まる
次の記事:中国人記者に嫌がらせ 右翼にとっての「言論の自由」とは

分享到: 收藏