中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

初の中米経済対話、今後の協力の牢固な基礎に=外務省
2017-07-21 12:35:05   From:日経   コメント:0 クリック:

 外務省の陸慷報道官は20日、北京で開かれた定例記者会見で「先立って行われた第一回中米経済対話は、イノベーティブで実務的、かつ建設的なものであった。双方が形成した共通認識、及び対話で得られた成果は、両国の今後の協力に牢固な基礎を築くものとなった」と述べました。

 これは、陸報道官が、ワシントンで19日に行われた初の中米経済対話での成果についての記者からの質問に答えたものです。陸報道官は、「双方は、中米貿易や投資、経済協力の百日計画と一年計画、世界の経済とガバナンス、マクロ経済政策や金融業、農業などの課題について踏み込んだ意見交換をし、広汎な共通認識を形成した。双方は、貿易赤字を縮小させるため、建設的な協力を進めていくことでも意見が一致した」と説明しました。

 また、陸報道官は、「今回の対話の最も重要な成果は、中米経済協力の進むべき方向が確認されたことだ。即ち『協力共栄』を二国間における経済貿易の関係発展の基本原則として堅持し、『対話と交渉』を齟齬解消の為の原則とし、重要な経済政策についての意思疎通を継続していくことを対話協力の原則としていくことが確認された。これらは今後の協力に牢固な基礎を築くものとなった」と強調しました。

熱に関連する単語の検索:米経済

前の記事:今年末から、24種類の固体廃棄物の入国を禁止へ
次の記事:中米経済協力一年計画策定 早期の成果を期待=外務次官

分享到: 收藏