中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

中米関係の発展、実質的な議論が重要
2012-05-05 07:21:58   From:   コメント:0 クリック:

第4回中米戦略・経済対話が、5月3-4日に北京で開催される。同対話は、今年の中米間の重要な交流となる。人民日報が報道した。 同対話に注...

第4回中米戦略・経済対話が、5月3-4日に北京で開催される。同対話は、今年の中米間の重要な交流となる。人民日報が報道した。

   同対話に注目と期待が集まっている主な理由は下記の通り。

   1.前3回の対話が成功を収め、中米関係に活力を注いだ。

   2.中米関係は現在、全体的に見て安定的な発展を維持しているが、顕在化した問題も存在する。戦略的な意見交換にせよ、実質的な提携にせよ、解決が待たれる問題が多くある。

   中米関係の発展は平坦な道のりではなく、安定の中に変動が、前進の中に意見の不一致があり、この状況が中米関係の常態であると言えるほどだ。これらを背景としながらも、中米両国間の実質的な対話が成果を収めることができるのはなぜか。

   40年間の発展を経て、今日の中米関係は成熟に向かっている。双方の利益の融合、提携の明るい見通し、複合的対話枠組みは、さまざまな障碍を制御下に置いている。提携の主な流れが、両国関係の発展の方向性を示している。

   中米関係の発展は、相互信頼・問題解決の過程である。提携すれば互恵関係を築くことができるが、争えば双方の利益が損なわれる。相互信頼により前進し、邪推すれば後退する。この道理は、中米両国で認められている。しかしながら、両国関係の複雑性・深刻性・戦略性が常にもつれ合っている。過去の慣例による障碍、利益の対立が、双方の戦略的互恵関係を妨げている。

両国の首脳が合意した、相互尊重・互恵関係に基づく提携パートナーシップの構築は、長期的な視点を持ち、意見の食い違いを解消し、共同認識を強化する必要があり、智慧・理性・勇気が不可欠だ。実質的な対話は、戦略的な判断ミスの解消、両国間の摩擦に対する建設的な解決法の、効果的な手段である。

   中米両国は、発展水準・発展方式がそれぞれ異なっており、意見の不一致や摩擦が生じるのは当然だ。中米経済貿易の摩擦増加は、双方の提携規模の拡大、提携分野の開拓、発展の推進と関連している。また現在の両国間の提携枠組みは、両国の高度かつ持続的なバランス成長、貿易と投資の促進、金融市場の改革および安定化等、多方面の提携に向け幅広い空間を提供している。実質的な対話は、問題と摩擦を適切に解決するのみならず、中米関係の発展を力強く支えることができる。成果の積み重ねは、相互信頼の積み重ねである。相互信頼が強化されれば、中米関係に存在する問題が解決されやすくなるのだ。

   中国は米国と共に歩み、戦略的な高みと長期的な視点により、対話・交流・提携を絶えず強化し、両国の利益と関心事を尊重することを望んでいる。実質的な態度により、両国関係に存在するさまざまな問題を適切に処理し、中米両国の提携パートナーシップの構築を導き、両国および世界各国の国民に利益を与えるべきである。

熱に関連する単語の検索:

前の記事:習近平副主席 日中友好議連代表団と会見
次の記事:胡主席が中米戦略・経済対話に祝辞

分享到: 收藏