中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

中国共産党第19回全国代表大会 10月18日に北京で開催へ
2017-09-01 00:06:51   From: cri    コメント:0 クリック:

 中国共産党中央政治局は31日会議を招集、中国共産党第18期中央委員会第7次全体会議及び中国共産党第19回全国代表大会の準備作業について討議しました。会議は習近平中国共産党中央委員会総書記が主宰しました。

 会議では、中国共産党第18期中央委員会第7回全体会議を2017年10月11日北京で開催することが決定されました。中国共産党中央政治局は、党の18期七中全会に対し、中国共産党第19回全国代表大会を2017年10月18日に北京で開催するよう提案しました。

 会議では、中国共産党第19回全国代表大会は小康社会の全面的実現の最終段階並びに中国の特色ある社会主義の発展の重要な時期に開催される極めて重要な大会であることが強調されました。大会では、中国の特色ある社会主義の偉大な旗幟を高らかに掲げ、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論、「三つの代表」重要思想、科学的発展観を指導思想とし、習近平総書記による一連の重要談話の精神と党中央委員会の国政運営に関する新理念・新思想・新戦略を貫徹し、過去5年の仕事について真剣に総括し、党の18回全国代表大会以降の習近平同志を核心とする党中央委員会が団結して全党と全国の各民族の国民を統率して揺るぎなく発展させてきた中国の特色ある社会主義の歴史の歩みと貴重な経験を顧み、総括するほか、目下の国内外の情勢を詳細に分析、党と国家の建設事業の新たな要求と国民の新たな期待をすべからく掌握し、時代のニーズに合致した行動綱領と政治運営方針を定め、全党と全国の各民族の国民に中国の特色ある社会主義の道への確固たる自信、理論面での自信、制度面での自信、文化面での自信を喚起し、継続して「五位一体」の全体配置を同時推進し、「四つの全面」の戦略配置推進を調整し、党の建設と新たな偉大なるプロジェクトを前進させ、小康社会の全面的建設の成功と、中国の特色ある社会主義の新たな局面を切り開くために団結し奮闘することをめざします。

 また、大会では、次期中央委員会と中央規律委員会の選挙が行われます。

 会議では、現在大会に向けた準備作業が順調に進んでいること、今後も着実に準備作業を進めること、大会の順調な開催を保障することなどが強調されました。

熱に関連する単語の検索:全国代表大会 北京 中国

前の記事:中国は一貫して欧州一体化プロセスを支持=外務省
次の記事:第11回中国-東北アジア博覧会 まもなく開催=吉林

分享到: 收藏