中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

固体燃料ロケット「快舟11号」、来年に衛星6基を同時打ち上げへ
2017-09-01 00:08:31   From:人民網日本語版   コメント:0 クリック:

​   湖北省武漢市で30日に開催された第3回中国(国際)商業航天ハイエンドフォーラムで発表された情報によると、中国航天科工集団公司が開発した固体燃料ロケット「快舟11号」が、来年第1四半期に6基の衛星を搭載し、初の打ち上げを行うことが明らかになった。科技日報が伝えた。

同ロケットは車載移動型発射を採用。衛星のビジネス化と高密度でスピーディな打ち上げのニーズを満たす。ロケットの離陸重量は78トン、近地球軌道最大積載能力は1.5トン、軌道高度700キロの太陽同期軌道の積載能力は1トン。主に400−1500キロの近地球軌道と太陽同期軌道への、単一もしくは複数の小型・ミクロ衛星の打ち上げを担当する。初打ち上げの技術案と衛星搭載案はすでに確認されており、各種サブシステムの研究と試験を展開中だ。

熱に関連する単語の検索:固体燃料ロケット

前の記事:第11回中国-東北アジア博覧会 まもなく開催=吉林
次の記事:王外相、英ジョンソン外相と電話会談

分享到: 收藏