中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

中国、超小型無人飛行機をテスト 戦術的偵察に利用
2017-11-11 11:24:51   From:チャイナネット   コメント:0 クリック:

  露メディアは、中国科学院の専門家が超小型無人飛行機をテスト中であることを報じた。シューズボックスに入れられるほどの大きさで、高度9000~25,000キロで飛行できる。高いポテンシャルを持つこの技術は現在、試験段階にある。

 

 露メディア「スプートニク」ウェブサイトの11月3日付記事によると、この無人機はテスト期間中に、高い上空にある気球から電磁式打ち上げ機を使って発射した。100キロ先の目標地点まで飛ぶことができた。現在、この無人機が実用化されるかは不明だ。また、飛行機から大量の映像を送る際に必要な電力源も装備していない。無人機の一部はエンジンもなく、実質的には一種のグライダーである。

 

 いずれにせよ、このような飛行機にはポテンシャルがある。各国は現在、小型無人機の開発を競っている。軍事的には戦術的偵察に利用できる。これは深刻な問題である。小型なことから発見されにくい上、対空ミサイルよりコストが安い。

 現在使用される小型無人機は速度が極めて遅く、飛行できる高度も低い。

 そのため、対空ミサイル、大口径機関銃、電子戦装備など、比較的安価な武器で対応できる。しかし1万~2.5万メートルの上空にあれば、中距離、遠距離ミサイルなど高額なミサイルが必要となる。これらミサイルは数十万ドル、ものによっては数百万ドルもする。しかも、このような小さな目標物は撃墜できない可能性もある。

 

 おそらく、小型で高い上空を飛べる無人機は、武装有人機にすることもできる。そして偵察や電子戦任務に当たる。情報を母船に送ることもするだろう。この無人機は巡航ミサイルや弾道ミサイルの搭載も可能なはずだ。その場合は偵察とターゲット所在地の確定に使われ、さらには、大型の高度上空無人機に搭載することもできるだろう。

熱に関連する単語の検索:中国

前の記事:北斗3号と従来の測位衛星との相違点は?
次の記事:中国が革新で飛躍、世界のリーダーに=米メディア

分享到: 收藏
コメントのランキング