中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

北京・天津・河北の2017年PM2.5平均濃度、13年より4割減
2018-01-29 12:15:39   From:チャイナネット   コメント:0 クリック:

  北京市環境保護局の于建華チーフエンジニアは26日、2017年の北京・天津・河北地区のPM2.5年平均濃度は64マイクログラム/㎥で、2013年より39.6%低下したと明かした。同地区はスモッグ改善を引き続き強化する。

 

 北京市第15回人民代表大会第1回会議の記者会見で明かされた内容によると、北京・天津・河北地区および周辺地区は近年、排出削減、スモッグ改善に共同で取り組んでいる。大気汚染は移動するため、改善には地域協力が不可欠で、共同で防止・抑制・整備することは大気改善に重要であり、北京・天津・河北地区および周辺地区の大気は大幅に改善されている。

 

 于建華氏によると、2017年の北京・天津・河北地区および周辺7つの省・区のPM2.5年平均濃度は55マイクログラム/㎥で、2013年より37.2%低下。北京・天津・河北地区の年平均濃度は64マイクログラム/㎥で、2013年より39.6%低下。北京の年平均濃度は58マイクログラム/㎥で、2013年より35.6%低下した。

 

 于建華氏は、「天津、華北などの周辺地区と引き続き協力を強化し、地域のクリーンエネルギーの供給、産業のエコ発展とモデル転換、交通分野の汚染削減などを推進する」と述べた。

 

 北京市は次の大気クリーン行動計画を制定・実施する。于建華氏によると、PM2.5発生源の解析をもとにスモッグを改善し、高排出ガス車の改善を重点とする計画。

熱に関連する単語の検索:北京

前の記事:李克強総理、日本の河野太郎外相と会談
次の記事:中国の衛星打ち上げ 海外機関を引きつける2つの魅力

分享到: 收藏