中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

春節聯歓晩会の寸劇は人種差別? 外交部が論評
2018-02-23 13:43:58   From:チャイナネット   コメント:0 クリック:

 中国外交部の耿爽報道官は22日の定例記者会見で、中国中央テレビ(CCTV)の年越し番組「春節聯歓晩会」に関する質問に対して、「中国側は一貫して、すべての形式の人種差別に反対している。事にかこつけ難癖をつけ、中国とアフリカ諸国の離反を促したとしても、徒労に終わることは決まっている」と述べた。

 

 海外メディアの記者からは「今年のCCTVの春節聯歓晩会の寸劇で、中国の女性芸人が黒塗りしアフリカ人に扮したが、国内外のネットユーザーが不満を募らせている。中国側はこの行為を人種差別と判断するか」という質問があった。耿報道官は次のように回答した。

 

 中国側は一貫して、すべての形式の人種差別に反対している。私もこのほど多くのメディア、特に西側メディアの本件に関する報道と論評を目にしている。ここで注意しておくが、事にかこつけ難癖をつけ、中国とアフリカ諸国の離反を促したとしても、徒労に終わることは決まっている。

 

 

 中国とアフリカの友好は雨にも風にも負けず、盤石のごとく揺るがない。双方の協力は互恵・ウィンウィンであり、多くの成果を手にしている。双方の関係がどのようであるか、双方の協力が上手くいっているかは、アフリカ諸国とアフリカ人が知っていることだ。

熱に関連する単語の検索:外交部

前の記事:中国、保険大手を公的管理 安邦集団、前会長を起訴
次の記事:馬朝旭国連大使「国際社会は国連憲章の精神の発揚を」

分享到: 收藏