中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

全国政協会議第13期第1回会議が閉会=北京
2018-03-15 17:57:30   From:cri   コメント:0 クリック:

 全国政治協商会議第13期第1回会議が15日午前、北京で閉会しました。習近平氏をはじめとする党と国家の指導者らが閉会会議に出席しました。

 席上、全国政治協商会議の新しい議長に選出された汪洋氏が発言し、「人民政協は第19回党大会の精神を貫き、習近平の新時代における中国の特色ある社会主義思想を、諸事業を統括する総綱領としつつ、中国共産党の指導を堅持し、人民政協の性質と位置づけを堅持し、忠実に職責を履行、新時代における人民政協事業の新たな発展の歴史を刻んでいく」と決意を強調しました。

 会議では、全国政治協商会議常務委員会活動報告に関する決議、中国人民政治協商会議規則改正案に関する決議、今大会の提案審査委員会による提案審査状況に関する報告や今大会の政治決議などが可決されました。

 新しく可決された政治協商会議規則改正案は、現在の政協規則が1982年に採択されて以来4回目の改正となり、14年ぶりの改正でもあります。改正された政協規則では、科学的発展観や、習近平の新時代における中国の特色ある社会主義思想などが人民政協の指導思想に盛り込まれたほか、人民政協が国家ガバナンス体系における重要な構成要素であり、中国の特色ある制度であることや、中国共産党の指導による多党協力と政治協商制度の実施における重要な政治様式と組織様式であることが明確にされました。

熱に関連する単語の検索:北京 全国

前の記事:中国の改革の決意と一帯一路のチャンス、海外メディアが注目
次の記事:米国との貿易協力の本質は互恵共栄=外務省

分享到: 收藏