中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

浙江省寧海県で桜祭り開催 テーマは中日文化交流
2018-03-31 19:34:50   From:cri   コメント:0 クリック:

 山を埋め尽くす9999本の桜の木を背に、中日両国の民間交流を兼ねた桜祭りが30日、浙江省寧波市寧海県橋道胡街道眠牛山公園(「街道」は日本の「町」に相当)で開幕しました。日本各地から60人余りの訪中団が駆け付け、音楽の演奏、書道、生け花をはじめ、街づくりや介護をテーマにした講演会やセミナーを通じての地元住民との交流が、3日間にわたって行われます。

 寧波市での桜祭り開催は、今回が初めてです。一昨年、地元で投資する日系企業が町おこしのために、桜の木3399本を寄贈したのを受け、橋頭胡街道はさらに3000万元を出資し、6600本を植樹して桜の園を整備しました。去年の開花を受けて今年、街道が主催する桜祭りを初めて催しました。

 開幕式で、橋頭胡街道の関係者が「桜の園は中日両国の厚い友情の結晶であり、双方の協力ウィンウィン関係が長く続くようにという願いが託されている」と語りました。今後は春の定例行事とする予定とのことです。(取材:王小燕)

熱に関連する単語の検索:浙江省 文化交流 中日

前の記事:「無人経済」調査 6割が個人情報の安全を懸念
次の記事:王毅外交部長、メコン川流域各国との提携を期待

分享到: 收藏