中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

王毅外交部長、メコン川流域各国との提携を期待
2018-03-31 19:40:27   From:cri   コメント:0 クリック:

 ベトナムのハノイで大メコン圏(GMS)経済協力会合に出席している王毅国務委員兼外交部長は30日、『一帯一路』によりビジネス界などGMS各国にもたらされるチャンスについての質問に答えました。

 王部長は、「GMSは歴史的に見て、『シルクロード経済帯』と『21世紀海上シルクロード』が交わる場所である。21世紀の今日、GMSは完全に『一帯一路』の重要なパートナーになれるだろう。GMSの5カ国は、中国側と『一帯一路』の実施協定に調印し、また国際協力フォーラムにも参加している。そして中国とラオスやタイを結ぶ鉄道や、中国とミャンマーの水陸ルート建設といった大きなプロジェクトも実行している。したがって、メコン川流域の各国は、『一帯一路』の初期メンバーであるほか、恩恵を最初に受けられる国でもある」と示しました。

 さらに王部長は「中国は『一帯一路』に関する2回目のフォーラムに向けて準備をしている。対外連絡弁公室を設立し、各方面との連絡や交流を強化していく。こうした努力を通じて、『一帯一路』は世界最大規模で最も歓迎される国際協力の舞台になるだろう」と述べました。

熱に関連する単語の検索:王毅 外交部 流域

前の記事:浙江省寧海県で桜祭り開催 テーマは中日文化交流
次の記事:「米大豆の輸入制限で報復するな」に外交部がコメント

分享到: 收藏