中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

対外連絡部の宋涛部長、朝鮮の金正恩委員長と会談
2018-04-16 13:21:44   From:cri   コメント:0 クリック:

 朝鮮を訪れている中国共産党中央対外連絡部の宋涛部長は14日、朝鮮の労働党委員長でもある金正恩(キム・ジョンウン)国務委員会委員長と、労働党中央委員会本部で会談しました。

 宋部長の率いる芸術団が4月に平壌(ピョンヤン)で開催される国際芸術祭に参加しますが、金委員長はこの参加を歓迎するという習近平総書記へのメッセージを伝えました。金委員長は、「先ごろの歴史的な中国訪問で、習総書記と長時間にわたって重要な意義のある会談や交流を行い、コンセンサスを得て、成果を収めた」と述べました。

 一方、宋部長は、金委員長に習主席の挨拶と祝福を伝え、「今回、芸術団を率いて芸術祭に参加する目的は、両党の最高指導者のコンセンサスを実行に移し、両国の友好を深め、両党の交流や協力を推進し、文化芸術交流を促すためだ」と述べました。

 また、双方は、両党と両国間の交流や連携の強化や、ともに関心を寄せる国際問題や地域の問題について意見を交わしました。金委員長は「訪中期間中、中国が驚くべき発展を果たしていることを確認した。中国共産党の経験を参考にし、両党や両国の各分野で交流や協力を全面的に進めたい」と述べました。これに対して宋部長は、「両国関係を維持し強化して発展させることは中国共産党や政府の揺るぎない方針である。朝鮮と共に両国民の福祉を増進し、半島の平和と安定の維持に取り組んでいく」と述べました。

熱に関連する単語の検索:金正 宋涛部

前の記事:第12回「大中物産杯日本語弁論大会」が盛大に開催=北京
次の記事:王毅外交部長、日本の友好団体と会談

分享到: 收藏