中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

習主席、朝鮮労働党友好参観団と会見
2018-05-17 12:30:33   From:日経   コメント:0 クリック:

  習近平中国共産党総書記兼国家主席は16日、北京で、朴泰成(パク・テソン)朝鮮労働党中央政治局委員兼中央委員会副委員長の率いる朝鮮労働党友好参観団一行と会見しました。

 習主席は席上「金正恩(キム・ジョンウン)委員長とは今年3月の訪中時に続き、先週大連でも再度中身のある会談の場をもつことができた。今回、朝鮮全国の道・市委員長による参観団の訪中は、私と金委員長が2回の会談で形成した重要なコンセンサスを実行に移す具体的な行動であると共に、両党の重要な交流活動でもあり、金委員長と朝鮮労働党中央委員会が両党・両国の交流を強め、中朝間の友好協力の拡大を極めて重視していることの表れだ。これを契機に、双方が交流と協力を深め、両国の友好協力関係を絶えず推進させていくことと信じている」と述べました。

 習主席はさらに「現在、中国の特色ある社会主義は新たな時代に突入し、朝鮮の社会主義の発展も新たな歴史的時期に歩みを進めた。我々は北南関係の改善や朝米対話の推進、半島非核化の実現、経済発展と国民生活の改善に向けた朝鮮の取り組み、それに金委員長が朝鮮の党と人民を率いて自国の国情に合った発展の道を歩むことを支持し、朝鮮側と党運営や国家統治に関する経験の交流を頻繁にし、両国の社会主義建設事業がより大きな発展を遂げるよう推進していきたい」としました。

 朴副委員長は、「今回の訪中の目的は両党の最高指導者が形成した重要なコンセンサスを実行に移すことと、経済建設と改革開放における中国の経験を学ぶことにある」とし、朝鮮労働党が力を集中して経済発展を優先的に進めていくという新しい戦略路線の実施において積極的役割を担い、両党指導者が自らの手で新たなステージへと押し上げた朝中の友好関係の促進に一層の貢献をしていきたいとの考えを示しました。

熱に関連する単語の検索:主席

前の記事:第1回シルクロード(敦煌)国際ハイキングフェステバルが開幕=敦煌
次の記事:高水準の軍事科学研究機構の建設を=習主席

分享到: 收藏