中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

山東省視察で自主イノベーションに力を=習総書記
2018-06-14 12:17:54   From:CRI   コメント:0 クリック:

图片默认标题_fororder_1122982034_15289044435671n

 中国共産党中央総書記、中央軍事委員会主席でもある習近平国家主席は13日、山東省視察を続けています。習主席は万華煙台工業パーク、海洋工程設備製造基地を訪れ、自主イノベーションについて「力が必要であり、定めた目標に向かって進むべきだ」と強調しました。

 同日午前、習主席は万華煙台工業パークで会社の説明を聴取しました。輸入から消化、吸収、再イノベーション、自主イノベーションへと会社が辿った発展の道や、技術イノベーション力がゼロから1へ、また弱い状態から強く成長し、業界の先駆者となったことに習主席は喜びを示しました。

 習主席は「発展の歴史を振り返ってみれば、辛い創業の道ではあったが、素晴らしいものだ」と評価しました。また、「国有企業の経営は難しいとの声もある。改革は必要なことであり、改革が順調であれば現代化企業になる。全員が一丸となって、定めた目標に向かって進むことを望んでいる」と話しました。(殷、星)

熱に関連する単語の検索:山東省視察で自主

前の記事:昨年の全国出生数は1758万人 2人目が過半数を占める
次の記事:中共代表団、アルバニアを訪問

分享到: 收藏