中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

民間投資の持続的成長は中国経済安定成長の風向計
2018-09-11 14:35:46   From:チャイナネット   コメント:0 クリック:

 中国国家発展改革委員会(発改委)固定資産投資司の関係者は、6日の民間投資促進活動に関する記者会見で、「民間投資の内的原動力は比較的強く、持続的成長が続く見通しだ」と述べた。

 

 民間投資成長の原動力回復をより直感的に説明するために、担当者は複数の関連指標を列挙した。2016年8月の民間投資の成長率は2.1%と近年で最低水準に落ち込み、年間でも3.2%にとどまった。2017年は6%まで回復した。今年に入ってからは成長が加速し、1-7月の成長率は8.8%に達した。これは固定資産投資全体の伸びを3.3ポイント上回る水準だ。民間投資が投資全体に占める比率は62.6%に達し、前年同期より1.9ポイント拡大した。

 

 担当者はまた、民間投資の2つの特徴を次のようにまとめた。(1)民間投資の構造がやや改善した。製造業投資の伸びは8.6%と、前年同期を3.7ポイント上回った。うち、専用設備製造業と通信・電子設備製造業の投資成長率はそれぞれ14.8%、19%と、伝統設備製造業の伸びを上回った。(2)一部の地域で民間投資が大きく伸びている。1-7月は、浙江省・広西チワン族自治区など17の省の民間投資の伸び率が10%を超えた。うち、福建省、湖南省の伸び率は20%を上回り、全国の民間投資の伸びを力強く支えた。


 これは、民間投資の成長率が堅調に回復しているだけではなく、ポジティブな方向に発展していることを意味する。構造が顕著に改善し、製造業が民間投資の重点注目分野となっているが、特に先進製造業が民間投資の大きな突破口となった。

 

 民間投資の持続的成長は中国経済安定成長の風向計となった。民間投資が示すのは企業経営者の信頼感だ。民間投資の安定は企業経営者の信頼感の安定を、民間投資の充足は企業経営者の信頼感の充足を示す。民間投資の積極性は、企業経営者の信頼感が満ち満ちていることを示す。

 

 事実、民間企業は、経済発展促進・雇用吸収・税収創出などの面で主力となっている。民間投資の安定は、中国経済の先行きに直接関わる。特に、外部環境が変化するなか、民間投資家の積極性を喚起し、民間投資の役割を充分に発揮させることが一段と必要だ。民間投資の伸びが15%以上の水準に回復すれば、経済成長の大きな支えとなり、経済発展の原動力も益々強くなる。

熱に関連する単語の検索:成長 中国

前の記事:誠通グループ、中国企業のロシア進出を助力
次の記事:ゴミ拾いに積極的な人が増加中、一種の流行に

分享到: 收藏