中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

鉄道建設の弱点補強が加速、中西部が7割弱を占める
2018-09-12 14:20:51   From:チャイナネット   コメント:0 クリック:

 経済参考報の記者が11日、中国鉄路総公司から得た情報によると、川蔵鉄道雅安〜林芝区間新設のフィジビリティスタディ評価・審査会が10日、北京市で開かれた。これは川蔵鉄道の建設前の作業が着実に推進されていることを意味する。

 

 鉄道建設は今年以来、「弱点補強」を強めている。データによると、1−8月の全国鉄道投資完成額は4612億元に達し、960キロが新たに開通した。うち中西部の鉄道インフラ投資完成額は2310億元で、全国鉄道インフラ投資の68.1%を占めた。中西部地区は今年、新規着工プロジェクト16件を計画しており、うち12件がフィジビリティスタディの承認を得ている。

 

 中国の鉄道は近年、急速に発展しており、常にインフラ投資拡大で中心的な位置を占めている。2014−17年まで、全国鉄道固定資産投資完了額は毎年8000億元を上回っており、今年は7320億元を予定している。

 

 中国鉄路総公司の関連部門の責任者によると、同社は建設中及び年内稼働開始のプロジェクトを重点とし、今年すでに23件の新規プロジェクトの着工許可を得ている。投資規模は4033億元。建設中のプロジェクトの推進を加速し、全国で鉄道を新たに960キロ開通させる。うち高速鉄道は911キロ。渝貴、江湛、昆楚大などの重点プロジェクトが順調に開通し、運行開始している。鉄道・水路連絡輸送、港湾各種輸送体制の建設を積極的に推進している。1−8月の全国鉄道投資完成額は4612億元で、年間計画の63%(前年同期比6.2ポイント増)を終えている。うち国家鉄道は4385億元。


 中西部地区の鉄道建設にはまだ大きな弱点が残されているが、これは地域鉄道網の密度が経済発展地区と比べ低いからだ。また世界の鉄道建設データと照らし合わせると、中国の中西部、さらには経済が発展している東部地区の1人平均鉄道網密度は依然として低水準か中水準に留まっており、さらなる向上の余地が残されている。

 

 国務院が批准した「中長期鉄道網計画」に基づき、国家発展改革委員会は上半期に中西部鉄道2018年第2期中央予算内投資を伝えており、地域経済・社会の調和的な発展を促進する重要な意義を持つ一連の鉄道建設プロジェクトを重点的に支持する。

熱に関連する単語の検索:弱点

前の記事:東方経済フォーラム 地域の相互信頼・協力の新プロセスを開く
次の記事:習主席、プーチン大統領と会談=ロシア

分享到: 收藏