中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

中国の「ブルーエコノミー」開発全面的に加速 海洋経済が新たな成長分野に
2018-09-18 13:30:30   From:チャイナネット   コメント:0 クリック:

 

 写真は広西チワン族自治区欽州市の景勝地、龍門港七十二涇にある牡蠣の養殖場。新華社撮影。

 

 4Dデジタル技術でシミュレーションしたデジタル海洋・深海で建設した竜宮城・毎秒1000兆回の浮動小数点演算を行えるスーパーコンピューターなどの海洋先端技術が「2018東アジア海洋サミットフォーラム」で発表され、中国の海洋開発が活発に行われていることが明らかになった。

 

 デジタル海洋・透明海洋など新興技術の発展を背景に、中国の海洋産業は伝統産業から科学技術の潜在力・遠洋の資源・業態革新の未来を有する革新的産業に転換しつつある。

 

 このほど開催された「2018東アジア海洋サミットフォーラム」で、中国国家深海基地管理センターの于洪軍・主任は、「同センターはすでに有人潜水艇『龍神』号・ケーブル付無人潜水機『海龍二号』・無人潜水機『潜龍一号』など一連の水中輸送機器を開発しており、科学者の深海探査をサポートしている」と述べた。

 

  中国の海洋テクノロジーの進歩に伴い、波が逆巻く大海は無限の潜在力を秘めた資源の宝庫となった。国家海洋局が発表した「2017年中国海洋経済統計官報」によると、2017年の中国海洋生産高は前年比6.9%増の7兆7611億元で、対GDP比は9.4%だった。

 

  国家海洋局戦略計画・経済司の張占海・司長は、「2017年の海洋経済の発展は、安定の中で改善に向かい、構造調整が深化した」と総括した。うち、漁業など海洋第一次産業の付加価値は3600億元、海洋石油工業など海洋第二次産業の付加価値は3兆92億元、海洋交通運輸業など海洋第三次産業の付加価値は4兆3919億元で、海洋生産高全体に占める比率はそれぞれ4.6%、38.8%、56.6%だった。


  具体的に見ると、海洋バイオ医薬業の2017年付加価値額は前年比11.1%増の385億元、ビーチリゾート観光業の付加価値額は同16.5%増の1兆4636億元だった。海洋電力業は良好な発展を維持し、洋上風力発電プロジェクトの推進も加速、新規発電設備容量は約1200メガワットに上る。

 

  中国の経済構造がモデル転換の調整に差し掛かるなか、海洋経済が今後の中国経済の新たな成長分野となるのは間違いない。また、海洋経済の巨大な発展の潜在力は、沿海部の多くの省に海洋経済発展のロードマップを提起した。

 

  統計によると、山東省・広東省・浙江省などが相次いで、海洋強省建設推進・海洋経済発展加速に関する方案を発表し、海洋情報化建設や海洋新興産業の発展を推進する方針を示した。国家海洋局と中国海洋大学が共同で発表した「2018年海洋経済青書」によると、中国の沿海部は北部・東部・南部の三大海洋経済圏の枠組みが基本的に形成され、重点海洋産業クラスター建設の手がかりが見え始めている。

 

  国家海洋局の王宏局長は、「2035年までに、中国の海洋経済規模の対GDP比約15%の目標を実現し、海洋関連企業のグローバル展開を推進、世界の海洋産業のバリューチェーンの先端を目指す」としている。

熱に関連する単語の検索:分野 中国 海洋

前の記事:習近平主席、世界公衆科学素質促進大会に祝賀メッセージ
次の記事:中国代表、IAEA総会で中国の核エネルギーの発展を紹介

分享到: 收藏