中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

中国パスポートの価値上昇 査証免除で連休を満喫
2018-10-01 13:33:01   From:チャイナネット   コメント:0 クリック:

 2018年、中国のパスポートの価値は大幅に上昇し、国慶節連休の海外旅行では73の国と地域が中国普通パスポートを対象に査証免除、アライバルビザの発行を行う。中国人観光客を引き込むため、各国は様々な措置を講じている。以下は、ビザ優遇措置と注意事項である。

 

73の国と地域に「思い立ったらすぐに行ける」 連休の穴場はどこか

 

 8月の報告によると、国慶節連休の海外旅行では73の国と地域が中国普通パスポートを対象に査証免除、アライバルビザの発行を行う。統計を見ると、今年の国慶節の査証免除・アライバルビザ発行を実施する人気旅行先トップ10はミャンマー、インドネシア、ベトナム、タイ、モルディブ、アラブ首長国連邦、スリランカ、モロッコ、モーリシャス、フィジーとなっている。

 

 1位のミャンマーは美しい風景、魅惑的な民俗風情で人気を集め、国慶節の旅行先の穴場になっている。ミャンマーは10月1日からアライバルビザ政策を実施。中国人旅行者は有効期限6カ月以上のパスポートだけで現地の空港に到着してからアライバルビザを申請できる。また、支付宝やWechatPayで手数料を支払うことも可能。さらに、9月12日から、アライバルビザ申請時に100ドルと帰りの航空券の提示、入国・出国カードの記入は必要なくなった。

 

 そのほかの地域も積極的な姿勢を見せている。8月10日、中国とベラルーシの査証免除協定が発効し、普通パスポート保有者は査証なしで1回につき30日以内、1年で90日以内の滞在が可能になった。中国人観光客は自然を楽しむだけでなく、ベラルーシの文化と歴史を理解し、遺跡を訪れ、革命ツアーに参加することもできる。

 

 7月15日、ウズベキスタンは査証免除政策を実施した。中国公民は第3国に行く航空券を持っていれば、ウズベキスタン国内の国際空港での乗り継ぎ、滞在5日以内で査証免除となる。しかし、航空会社がウズベキスタン当局に旅行者の情報を提供することになっている。

 

 4月、アルバニアは中国公民を対象に旅行シーズン中の査証免除政策を実施した。しかし、中国人旅行者は帰りの航空券とホテルの予約表を提示し、携帯する現金が100万レク(約7300ユーロ)を超える場合は申告する必要がある。


 一連のビザ優遇策は中国人旅行者にとって便利なだけでなく、実施する国と地域にとってもメリットがある。

 

 モロッコには長い海岸線、砂漠、雪山、古城などの観光スポットがある。2016年6月、モロッコは中国公民を対象に査証免除政策を実施した。モロッコ当局の統計によると、2017年にモロッコを訪れた中国人旅行者は延べ12万人、今年1~5月は10万人に達し、2020年には50万人になる見通し。

 

 専門家は一般人よりも変化に敏感である。査証免除政策の実施前、モロッコ国内の中国料理店の数は5軒ほどだったが、現在は20軒を超えている。月に6000人が利用し、うち70%がフリー観光で訪れた中国人だという店もある。モロッコの人気観光都市フェズのあるホテルチェーンのフロントマネージャーは、毎年2月と10月は中国人観光客が最も多い時期で、宿泊客の半分が中国からの旅行者だと話す。

 

各国が様々な方法で中国人を引き込む 2022年W杯のウォーミングアップ

 

 7月の報告を見ると、中国のパスポート保有者は約1億2000万人で、2020年には倍になる見通し。うち、2000年以降生まれは両親とともに海外に行く人が多く、査証手続きは全体の約20%を占める。2017年の中国の海外旅行者数は延べ1億3100万人、消費額は1152億9000万ドルだった。

 

「中国人旅行者争奪戦」に勝つため、各国は様々な手段を講じている。

 

オーストラリアは、中国公民を対象に10年の数次「常連旅行者ビザ」を発行。

 

フランスは、パリでの中国人旅行者の安全維持に中国警察を招きたいと考えている。

 

イギリスは、中国直行便を週100本から150本に増やす計画。

 

イスラエルは中国語が話せるガイドの募集を奨励し、ビザ上海受理センターを開設し、直行便を運航する都市を増やした。


 中国語学習も再びブームとなり、欧州のある店が朝6時に起床して店員に中国語の授業を行う動画が話題になった。店員がアルファベットをふって難しい中国語を学ぶ様子に、多くのネットユーザーが笑った。

 

 支付宝やWechatPayなどのモバイル決済は海外の業者が中国人旅行者を引き込む「武器」となっている。

 

「武器」はときに「秘訣」となり、ワールドカップはロシアに大きなチャンスをもたらし、多くの中国人サポーターが「サポータービザ」を取得した。これらのサポーターは開催都市の公共交通機関を無料で利用できるほか、回数限定で列車にも無料で乗車でき、年末まで何度でもロシアに入国できる。

 

 このようなビザ優遇策は著しい効果を現した。統計によると、ワールドカップ開催期間中、外国人サポーターのロシアでの消費額は約15億ドルだった。うち、中国人サポーターの消費額は約6500万ドルで、米国の次に多い2位につけた。

 

 次のワールドカップは2022年にカタールで開催される。今年7月9日、中国とカタールは査証免除協定に調印した。外交・公務・公務一般・普通パスポートを保有する中国公民は30日以内の滞在であれば査証免除となる。カタールはすでに中国公民を対象にアライバルビザ政策を実施している。

 

 調査によると、ロシア・ワールドカップツアーを閲覧・予約した旅行者のうち、4割が「カタール大会も見に行きたい」と考えている。中国代表が2022年大会の出場を決めれば、その比率は6割に上昇するとみられる。また、80%が「費用2万元以上でも見に行きたい」と考えている。

熱に関連する単語の検索:中国

前の記事:米国は中国への理不尽な指摘や侮辱をやめよ=外交部
次の記事:調査:デジタル技術を最も楽観視するのは中国人

分享到: 收藏