中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

国慶節の連休中、海外旅行者は700万人の見込み
2018-10-03 14:00:27   From:CRI   コメント:0 クリック:

 中国観光研究院によりますと、国慶節の7連休の初日である1日、全国あわせて1億2200万人が国内旅行に出かけ、去年の同じ日より7.54%増えたとのことです。また今年は、革命の発祥地や名所旧跡、そして海外が人気の観光目的地となっています。

 中華人民共和国の成立69周年となる10月1日、北京の天安門広場で盛大に国旗掲揚式が行われ、およそ14万5000人余りがこの模様を見つめました。

 国慶節の連休中は、中国各地で様々な観光イベントが行われます。1日の午前、北京で4日間にわたる国際観光祭が開幕しました。内外から30余りの芸術団体が見事なパフォーマンスを披露し、大変な盛り上がりを見せました。

 このほか、公共施設である博物館や科学技術館、芸術館、図書館、映画館、劇場などを訪れる人も増えており、観光市場は一段と多様化しています。

 「陶磁器の都」と言われる江西省の景徳鎮や、福建省の徳化県などでは、観光と陶磁器の観賞や陶器づくりを盛り込んだ観光ツアーが用意され、人気を集めています。

 また、連休中に海外旅行に出かける人の数は700万人と予測され、渡航先はヨーロッパやアメリカのほか、日本、東南アジア、またカタールやベラルーシなど新たにノービザ入国が可能になった国々も人気の目的地となっています。

熱に関連する単語の検索:旅行者 万人

前の記事:高速鉄道の香港・西九龍駅、国慶節に乗客数記録更新
次の記事:中国人の内側にあるコア・コンピテンス

分享到: 收藏