中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

米の非難はでたらめ=外交部
2018-10-16 13:37:16   From:cri   コメント:0 クリック:

 先頃米国側が行った、中国が台湾との『断交』を求めるため、ラテンアメリカ三カ国を説得したことは台湾海峡の安定を脅かしているとする非難発言について、外交部の陸慷報道官は、15日に行われた定例記者会見で、「これはまったくのでたらめだ」と述べました。

 陸報道官は「米国は40年前に『一つの中国』原則の下に、中国と外交関係を樹立したにも関わらず、今になって同じ原則を守る他国に口を出し、みだりな干渉すら行っている。これはまったくの理不尽のことだ」と強調しました。

 また「『台湾独立』勢力とその分裂活動こそが台湾海峡の平和と安定にとって最大の脅威だ。最近、米側が台湾問題で行っている一連の行動は『台湾独立』勢力を助長するもので、中米関係や台湾海峡の平和と安定を損うものだ」と批判しました。

 陸報道官はさらに、「米国は誤りを改め、台湾とのオフィシャルな往来や軍事連絡、武器売却などを停止し、中国とすでに国交樹立した国あるいは中国との国交樹立を希望する国への武力行使を停止すべきだ。また、中米関係および台湾海峡の平和と安定にこれ以上の損害を招かぬよう、『台湾独立』勢力の動きを着実に制約すべきだ」と促しました。

熱に関連する単語の検索:外交部

前の記事:教育に関する歳出額、6年連続でGDPの4%超え
次の記事:脱税の中国女優、4カ月ぶり公の場に

分享到: 收藏