中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

第14回北京―東京フォーラム、中日関係の持続的な改善のシグナルを発信
2018-10-18 11:51:14   From:チャイナネット   コメント:0 クリック:

第14回北京―東京フォーラムが先ほど、東京で開かれた。テーマは「相互信頼と協力の深化、アジア及び世界の平和・発展の責任を共に担う――中日平和好条約の現実的な意義を考える」。

 

 今年のフォーラムは日本の安倍晋三首相の訪中前に開かれた。出席者は、今年に入り中日関係が持続的に改善されているが、両国はさらに食い違いをコントロールし協力を強化し、地域の平和と安定を共に維持するべきと判断した。

 

 世界的な課題について協議、地域の安定を維持

 

 フォーラムの主催者が先ほど発表した最新の世論調査によると、日本の回答者が中日関係は重要と考える大きな理由は、「両国の協力はアジアの平和と発展にとって不可欠」だった。また両国の6割以上の回答者が、両国が二国間関係と地域事業をめぐる協力をさらに強化することを支持した。

 

 出席者は、中日両国は朝鮮半島の平和枠組みの協力を掘り下げ、食い違いを解消・コントロールする二国間・多国間対話枠組みをさらに運用し、地域の平和と安定を共に守るべきと判断した。

 

 国連元事務次長の明石康氏は、「日中両国は社会福祉、医療、高齢化、気候変動などの分野で共に課題に直面している。両国は問題解決策を共に模索するべきだ。また日中は手を携え協力し、アジア及び世界的な難題の解消に共に参与するべきだ」と指摘した。

 

 また複数の出席者は、現在の保護貿易主義の荒波を受け、世界の重要な経済国である中日両国は、多国間貿易体制の維持に向けより多くの力を発揮できると指摘した。

 

 中国の経済学者である樊綱氏は、「中日は経済大国として、中日韓自由貿易区協定、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)などの地域多国間枠組みの推進で協力し、世界経済及び貿易の発展を促進・けん引できる」との見解を示した。

 

 日本の元首相、福田康夫氏はフォーラムの式辞で「経済グローバル化を含む既存の国際秩序に現在、揺らぎが生じている。日中などのアジア諸国は現在、既存の秩序に基づき発展している。この秩序の維持と改善はアジア、さらには全世界の利益に合致する。両国は手を携え努力し、この責任を担うべきだ」と指摘した。

 

 協力の潜在力を掘り起こし、「一帯一路」に取り組む

 

 安倍氏は今月25−27日にかけて、中国を公式訪問する。日本の首相の訪中は7年ぶり。

 

 メディアの報道によると、中日の二国間・多国間協力の拡大が、安倍氏の訪中の重要な議題になる。本フォーラムは両国の経済・貿易協力について議論する「経済分科会」、低炭素・デジタル経済などの協力の先行きを議論する「特別分科会」を置いた。中日間のより多くの潜在的な協力モデルのさらなる模索を目的とした。

 

 出席者は、中日両国は金融・貿易・新技術などの分野で大きな協力の潜在力を残しており、二国間・多国間協力のさらなる拡大は両国関係の持続的な改善と発展に向け新たな動力を注ぐと判断した。

 

 中国高偉達公司の于偉会長は、中日両国はデジタル金融の協力を展開できると述べた。三井不動産の船岡昭彦常務執行役員は、日中の企業はスマート都市の建設、資源回収利用などのグリーン経済分野で、大々的に協力を展開できると表明した。

 

 中日の「一帯一路」(シルクロード経済ベルト、21世紀海上シルクロード)枠組み内での協力に関する議題をめぐり、出席者が熱心に議論を展開した。日本の経済学者の田代秀敏氏は「日中は高速鉄道、AI、環境保護、現代農業などの分野で大きな協力の潜在力を秘めている。両国企業には一定の相互補完性があり、双方は相手の良い所を借りることで協力・ウィンウィンを実現できる。両国は将来的に、一帯一路枠組み内で第3国市場の協力を展開できる」と判断した。

 

 条約の精神を温め、関係発展を促す

 

 今年は中日平和友好条約締結40周年だ。条約は両国関係の発展に向け、政治的基礎と法的規範を確立した。条約の精神を温め、現在の中日関係に対する条約の啓示を考えることについても、本フォーラムで熱心に議論された。

 

 福田氏は「条約締結40周年に際し、双方は条約の精神の原点に回帰し、両国関係を深く考えるべきだ。特に現在の国際秩序に揺らぎが生じるなか、両国は条約締結の初志を温め世界に目を向け、日中友好協力をさらに促進するべきだ」と話した。

 

 関連する世論調査によると、両国の回答者は領土・歴史などの問題が依然として中日関係発展を妨げる重要な要素と考えている。フォーラムで多くの専門家が、中日がいかに理解を深め、相互信頼を促進すべきかについて提案した。双方は条約の精神に基づき食い違いをコントロールし、意思疎通を強化し、「不戦の誓い」を行動に移すべきと判断した。

 

 田代氏は「日中平和友好条約締結40周年は、両国関係にとって重要な節目だ。両国首脳の対話が、日中関係を新たな段階に押し上げることを願う」と述べた。

熱に関連する単語の検索:北京 中日

前の記事:改革開放40年、世界観光強国へ邁進する中国
次の記事:習主席と李総理、貧困扶助へ指示

分享到: 收藏