中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

中国-中東欧諸国地方指導者会議、ブルガリアで開催
2018-10-22 14:47:03   From:cri   コメント:0 クリック:

  第4回中国-中東欧諸国地方指導者会議が現地時間20日、ブルガリアの首都ソフィアで開催されました。会議では「ソフィアコンセンサス」が発表され、各分野における地方の協力を深化させていくことを呼びかけました。

 李克強総理は、会議の開催に祝賀の書簡を送り、「地方による協力の特色は鮮明で、たくましい生命力を持っている。中国と中東欧諸国の関係発展における強力な支えであり、『16+1協力』の重要な部分でもある」とした上で、「今年、中国は改革開放40周年を迎えている。中国政府は地方が新しいラウンドのハイレベルの対外開放でより大きな役割を果たすことを支持し、奨励する」としています。

 中国全国人民代表大会常務委員会の曹建明副委員長は開幕式で挨拶し、「『16+1協力』は中国と中東欧諸国との関係をレベルアップさせた。実務的な協力は絶えず発展しており、中欧の全面的かつ戦略的パートナー関係の内容はさらに豊かになった。中国は中東欧諸国と共に協力の分野を拡大させ、中欧の関係発展に力添えしていきたい」と述べました。

 一方、ブルガリアのボリソフ首相は「第7回中国・中東欧諸国首脳会議の開催からわずか3カ月で、『16+1協力』地方指導者会議が開かれた。これは双方の協力が拡大しつつあり、政治関係が良好であることを示している。地方の協力は関係発展の原動力である」と指摘しました。

 発表された「ソフィアコンセンサス」は、「一帯一路」構想が地方の協力にもたらした重要なチャンスを強調し、地方の協力は「16+1協力」の重要な部分であることに賛同して、「16+1協力」省州長官連合会が果たした重要な役割を認めました。また、中国・中東欧諸国間の貿易が絶えず成長していることを歓迎するとともに、中小企業や投資、観光、環境保護、相互連結などの分野における協力を促進していくと見込んでいます。

 第4回中国-中東欧諸国地方指導者会議は「世界発展の理念で、地方協力を実践」をテーマとして、中国の16の省や市、自治区と16の中東欧諸国から地方政府と企業の責任者600人余りが出席しました。また、次回の第5回中国-中東欧諸国地方指導者会議は2020年に、中国の遼寧省で行われることが発表されました。

熱に関連する単語の検索:中国 地方

前の記事:中国初の輸入博、ボランティアが活動開始=上海
次の記事:香港・マカオに世界最長の橋 24日開通へ

分享到: 收藏