中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

北京で中国の外交タイプ転換と学科づくり協議
2011-12-22 15:08:22   From:   コメント:0 クリック:

【新華社北京12月18日】中国の第10回全国外交学学科整備年次総会・中国外交タイプ転換学術セミナーが17日、北京で開かれた。100人余...
【新華社北京12月18日】中国の第10回全国外交学学科整備年次総会・中国外交タイプ転換学術セミナーが17日、北京で開かれた。100人余りが出席し、「中国外交タイプ転換:新たな学科、モデル、戦略」というテーマをめぐって討議した。

  外務省、商務省、文化省、教育省など政府省庁の代表、国内外学術界の専門家、学者が出席し、楽玉成外務次官補・政策計画司(局)司長が「目下の国際情勢と中国外交」と題する基調講演を行った。

  出席した内外の専門家は次のような見方を示した。中国は国際社会との関係がますます緊密になり、利害もますます国際化、世界化している。グローバル時代に促される形で、外交の形態に世界的、歴史的意義のある深い転換が起きている。公共外交、経済外交、軍事外交などに代表される新しい外交形態が世界各国外交の重要な部分になりつつある。中国の外交タイプ転換では伝統的外交戦略の考え方、やり方を転換し、政治、経済、軍事、金融の各部門を有効に調整し、国際社会が中国の発展を理解するようにしなければならない。

  今総会は清華大学現代国際関係研究院の主催で、清華―カーネギー・グローバル政策センターと清華大学中国戦略・公共外交研究センターが共同で担当した。

熱に関連する単語の検索:北京 中国 外交

前の記事:臨時入国の外国車両・船舶は納付の必要なし
次の記事:中国 HCFCの廃棄を加速してオゾン層を保護

分享到: 收藏