中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

中国広核集団、ルーマニアの原子炉増設に出資
2013-11-27 17:02:53   From:人民網日本語版   コメント:0 クリック:

中国広核集団有限公司は本日、「現地時間11月25日午後、中国広核集団有限公司とルーマニア国営のニュークリアエレクトリカは、チェルナボーダ原発の3・4号基の提携意向書……

 中国広核集団有限公司は本日、「現地時間11月25日午後、中国広核集団有限公司とルーマニア国営のニュークリアエレクトリカは、チェルナボーダ原発の3・4号基の提携意向書に署名した」と発表した。同社は10月17日にも、フランス電力公社(EDF)との間で英国の原発の投資・建設に関する戦略提携合意書を締結している。この欧州諸国で2回目となる原発を巡る提携は、同社の海外進出の新たな一歩を示した。人民日報が伝えた。

 チェルナボーダ原発はドナウ川沿いのコンスタンツァ県に位置する、内陸部の原発だ。同プロジェクトは5基の原子炉の建築を予定しており、1・2号基はすでに稼働を開始している。3・4号基はルーマニア政府が重点的に推進するプロジェクトで、2010年12月5日に欧州委員会から承認され、2019年と2020年に発電を開始する予定だ。

熱に関連する単語の検索:中国

前の記事:新エネ車使用普及計画、28の都市・地域で試行
次の記事:月探査機「嫦娥3号」、初の地球外天体への着陸へ

分享到: 收藏