中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

香港問題に対するあらゆる干渉に断固反対 外交部香港駐在公署
2014-07-16 10:11:20   From:   コメント:0 クリック:

外交部香港駐在公署の報道官は12日、記者の質問に答え、「香港が繁栄と安定を維持することは各方面の利益にかなっている。香港は中国の

   外交部香港駐在公署の報道官は12日、記者の質問に答え、「香港が繁栄と安定を維持することは各方面の利益にかなっている。香港は中国の特別行政区の一つで、香港特区の問題は中国の内政であり、いかなる口実によって外国が香港問題に干渉することにも中国は断固反対する。関係国が香港の繁栄と安定に有益なことに取り組むことを望んでいる」と重ねて表明した。

    報道官は英国政府が11日、「香港問題に関する半年報告」を発表したことについてコメントを求められ表明したもので、さらに次のように指摘した。周知の通り、香港が祖国に復帰してからの17年間、香港における「1国2制度」の実践は成功を収めている。この事実は世界が認めている。英国人は17年前の香港と現在の香港を対比し、「1国2制度」の成功を深く理解すべきだ。

熱に関連する単語の検索:香港 公署

前の記事:中央政府、省級政府関係者2人の逮捕を同日発表 今年の逮捕者17人に
次の記事:西沙諸島中建島周辺海域での石油探査終了 中国外交部確認

分享到: 收藏