中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

外交部が習近平主席のモンゴル公式訪問について国内外のメディアにブリーフィングを開き
2014-08-20 09:34:55   From:   コメント:0 クリック:

中国外交部は18日、国内外のメディアにブリーフィングを開き、劉建超外交部長補佐官は習近平主席のモンゴル公式訪問に関わる情況を紹介

   中国外交部は18日、国内外のメディアブリーフィングを開き、劉建超外交部長補佐官は習近平主席のモンゴル公式訪問に関わる情況を紹介した。

   劉建超補佐官は次のように述べた。中蒙はお互いの一番長い陸上国境線を有する隣国である。モンゴルは新中国と国交樹立した最も早い国の一つである。国交樹立して65年以来、友好と協力は終始両国関係の主流である。特に過去の20年以来、『中蒙友好協力関係条約』の精神の指導の下で、中蒙関係は階段を一歩ずつ登るように絶え間なく新しい進展を獲得してきている。中国政府は非常に中蒙関係を重視し、対蒙関係の発展を中国の周辺外交政策での優先的方向にしている。当面、中蒙関係はスムーズに発展しつつあり、両国のハイレベル交流が頻繁で、政治的相互信頼が絶えず深まり、経済貿易の実務的協力が穏健に推進され、人文などの各分野における交流が持続的に拡大している。中国は数年間、モンゴルの一番の貿易パートナーと投資国の地位を連続して保っている。

   劉建超補佐官は次のように述べた。今回の訪問は習近平主席が国家主席に就任した後、モンゴルに対する初の訪問であり、中国国家主席の11年ぶりに蒙古に対する再度の訪問でもあるため、中蒙関係の発展にとって重大な意義を備えている。双方は今回の訪問を非常に重視し、おびただしい念入りな準備を行っている。訪問期間中、習近平主席がエルベグドルジ大統領と会談を行い、中蒙の重要な政治文書に調印し、またそれを発表し、共に一連の政治、経済貿易、金融、人文などの分野を含む二国間協力文書の調印に立ち会う。習近平主席はまた、モンゴルのエンフボルド国民大会議長やアルタンホヤグ首相と会見し、モンゴルの国民大会議(大フラル)で演説を発表し、経済貿易イベントなどに出席する。習近平主席はモンゴル指導者と中蒙関係発展の基本的な経験と重要な業績を全面的に総括し、手がかりを整え、両国関係の未来に向ける発展のために戦略的計画を作り出し、今後の一時期の中蒙関係の発展方向を明確にし、中蒙がお互いに信頼できる、責任を負う良き近隣国、良きパートナー、良き友になるようにさせる。双方は鉱産物資源の開発、インフラ整備、金融協力という「三位一体、統一計画して推進する」経済貿易の協力構想をより一層明確にし、インフラ接続と鉱産物エネルギーの大プロジェクトの協力を優先的な方向にして、両国の実務的な協力において新たな突破を獲得するよう推進する。双方は一つの大ロットの人文交流計画を起動し、両国の人員交流を拡大し、相手国に対する理解と友好感情をより一歩増進する。双方はまた、国連、上海協力機構とアジア相互協力信頼醸成措置会議における協力の強化、シルクロード経済ベルトとアジアインフラ投資銀行の確立への共同推進について意見を交換する。

   劉建超補佐官は、双方が共に努力を払う下で、習近平主席の今度の訪問は必ず中蒙関係のレベルを全面的に向上させ、両国の互恵協力と友好交流を力強く推し進め、中蒙の各自の発展のために更なる強い助力を提供し、地域の平和と繁栄を促進するためにより大きな貢献を果たすことを信じていると示した。(翻訳・編集/謝艶) 

(新華網日本語)  

熱に関連する単語の検索:公式 主席

前の記事:南京ユース五輪、テニスで中日が男女混合ダブルスを組む
次の記事:レディー・ガガが中国のおばちゃん愛用「顔キニ」で自撮り

分享到: 收藏