中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

甘粛省、太陽光発電と砂漠緑化を融合
2014-08-27 09:37:25   From:   コメント:0 クリック:

甘粛省は近年、太陽光発電を利用した砂漠化防止策を模索し、太陽光発電と砂漠化防止の同時発展を実現している。甘粛省は砂漠化防止の中で、

 
甘粛省は近年、太陽光発電を利用した砂漠化防止策を模索し、太陽光発電と砂漠化防止の同時発展を実現している。甘粛省は砂漠化防止の中で、太陽光発電を電源とし、点滴灌漑設備を取り付け、ソーラーパネルの下に灌木や飼料作物を中心とする緑の植物を植えている。発電所の周辺では、草方格と植林により保安林を形成している。これにより砂漠化防止の電源の問題と、新エネルギーの輸送問題を解消し、経済効果と生態効果を同時に実現した。写真は古浪振発新エネルギー公司が、甘粛省古浪県八步沙太陽光発電所内で、ビニールシートを使い植物を植える様子。科技日報が伝えた。

熱に関連する単語の検索:太陽光発電と砂漠緑化を融合

前の記事:杭州の色鮮やかな「田んぼのマンガ」
次の記事:アイスバケツチャレンジ、挑戦に適していない人は?

分享到: 收藏