中国語  日本語
ホーム > 中国 > 記事全文

来年の春晩の一回目の番組審査は11月
2014-10-01 09:32:19   From:人民網日本語版   コメント:0 クリック:

中国中央テレビ(CCTV)はこのほど、10月の映画チャンネルのプロモーションを北京で開催し、曲「常回家看看」でブレークした歌手の陳紅(

中国中央テレビ(CCTV)はこのほど、10月の映画チャンネルのプロモーションを北京で開催し、曲「常回家看看」でブレークした歌手の陳紅(チェン・ホン) が登場した。CCTVの「春晩」(春節を祝う中国の国民的年越し番組で、日本の紅白歌合戦に相当)でもおなじみの陳紅は、「来年の春晩(来年の春節は2月19日)に出場するのか?」との質問に、「11月ごろに一回目の番組審査があり、12月に2回目の審査があるため、まだ確定していない」と明かした。 煙台晩報が報じた。

「来年は、どのような春晩になってほしいか?」との質問に、陳紅は「近年、春晩のステージで傑作があまり見られなくなっている。監督や創作者には、さまざまな方面に力を入れ、記憶に残る春晩にしてほしい」と語った。

CCTVの映画チャンネルは、10月1日から始まる国慶節(建国記念日)に合わせた7連休中、数々の名作を放送する特別企画を実施する。また、10月中は、「毛沢東与斎白石」(2013年)や「永遠的焦裕禄」(14年)、「洋妞到我家」(14年)など、中国政府が設立した優秀な演劇、 テレビ、映画などに対して贈られる賞「五個一工程奨」を獲得した作品が、続々と放送される。

熱に関連する単語の検索:回目

前の記事:北京のAPEC、東京の焦り
次の記事:外国人に好評の中国国産品 日本人はドラマ「白蛇伝」が大好き

分享到: 收藏