中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

ネット小売市場は2兆3千億元(35兆1980億円)。同期のネット通販利用者は4億8千万人に達し、同15.1%増加した。
2016-09-19 15:09:28   From:人民網日本語版   コメント:0 クリック:

インドはネットユーザー利用者数が3億3300万人で中国に次いで世界第2位の規模のインターネット市場になったとしている。

国連ブロードバンド委員会は15日、最新報告である「2016年ブロードバンド状況」を発表した。同報告では、中国はネットユーザー利用者数が7億2100万人で世界最大のインターネット市場となり、インドはネットユーザー利用者数が3億3300万人で中国に次いで世界第2位の規模のインターネット市場になったとしている。

国際電気通信連合の最新の統計データによると、世界では2016年末までにネットユーザーの利用者数が昨年の32億人を超え、世界人口の47%に占める35億人となるという。また、国連が認定した後発開発途上国48ヶ国が驚くべき進歩を遂げ、その人口の15%が今年の年末までにインターネットを利用できるという目標が実現される見込みだ。

熱に関連する単語の検索:利用者 小売市

前の記事:上半期中国EC取引額 10兆元突破
次の記事:商務部 中国の対米投資は大幅増加

分享到: 收藏