中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

三井住友FG社長に国部氏 銀行頭取は高島氏昇格
2016-12-16 17:12:25   From:日本経済新聞社   コメント:0 クリック:

三井住友フィナンシャルグループの次期社長に決まり、記者会見する三井住友銀行の国部頭取(右)と次期頭取の高島専務執行役員(16日午後、東京・丸の内)

三井住友フィナンシャルグループの次期社長に決まり、記者会見する三井住友銀行の国部頭取(右)と次期頭取の高島専務執行役員(16日午後、東京・丸の内)
 

三井住友フィナンシャルグループは16日、宮田孝一社長の後任に、三井住友銀行の国部毅頭取をあてる人事を発表した。グループ中核の三井住友銀行頭取は国部氏が退任し、後任に高島誠専務執行役員が昇格する。国部氏、高島氏ともに、旧住友銀行出身。FG社長と銀行頭取を旧さくら銀行と旧住友銀行の各出身者で分け合う“たすき掛け人事”をやめた。

 人事は4月1日付。FG社長の宮田氏は会長に退き、銀行会長を兼務する。国部氏は銀行取締役をいったん兼務するが、株主総会後にFG社長専任になる見込み。

 三井住友銀は海外比率が高くなっており、金融当局から世界的に巨大な金融機関と認定されている。英国が欧州連合(EU)離脱を決めたり、米国でトランプ政権が誕生するなど、世界経済の先行きは読みにくい。こうした状況を踏まえ、海外経験が豊富な高島氏が抜てきされた。

熱に関連する単語の検索:住友 三井 高島氏

前の記事:米国債保有、日本トップ 中国が通貨防衛で売却
次の記事:国際石開帝石、ロシア国営石油会社と資源の共同開発で覚書を締結

分享到: 收藏