中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

2月の第3次産業活動指数、前月比0.2%上昇 基調判断据え置き
2017-04-21 14:20:59   From:日経   コメント:0 クリック:

 済産業省が21日発表した2月の第3次産業活動指数(2010年=100、季節調整値)は前月比0.2%上昇の104.1だった。経産省は第3次産業活動の基調判断を「横ばい」に据え置いた。

 業種別でみると、指数を最も押し上げたのは、事業者向け関連サービスで前月比1.5%上昇した。建設コンサルタント業をはじめとする土木・建築サービス業などが伸びた。気温が比較的高かったことから春物衣料の立ち上がりが早まり、小売業も上昇した。

 指数を最も押し下げたのは情報通信業で前月比0.5%低下した。前月まで上昇基調が続いていたことから反動が出た。全体では11業種のうち4業種が上昇し、6業種が低下、横ばいが1業種だった。

熱に関連する単語の検索:指数 第3次

前の記事:経産相、米国抜きTPP「あらゆる選択肢を排除せず主導的に議論」
次の記事:1~3月の資金需要DI、企業はプラス4に悪化 3期ぶり

分享到: 收藏
コメントのランキング