中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

男装趣味の女性にびっくり嫌疑 「公衆女子トイレを覗いた!」
2013-08-09 13:46:43   From:   コメント:0 クリック:

ファッションの多様化は中国でも進行中だが、あまりにも自由な自己イメージの表現は時に思わぬトラブルを巻き起こす。福建省福州市台江区で...
ファッションの多様化は中国でも進行中だが、あまりにも自由な自己イメージの表現は時に思わぬトラブルを巻き起こす。福建省福州市台江区では公衆トイレで覗きの現場を押さえたカップルが地元の派出所に通報する事件が発生したが、警察が駆け付けてみると、なぜか通報したカップルが犯人に頭を下げていたという。トラブルを引き起こしたそもそもの原因は「犯人」の行為ではなく、その服装に対する通報者の誤解にあった。
 2月6日午後8時頃、福州市台江区新南派出所は住民の男性から通報を受けた。群衆路の公衆トイレで女子トイレに侵入していた覗き魔を取り押さえたという。しかし現場に急行した職員が目にしたのは通報者が犯人に平謝りする奇妙な光景だった。
 事情を尋ねてみると、通報者の林さんは恋人と群衆路を歩いている途中、恋人が道沿いの公衆トイレに入ったという。林さんは表で待っていたが、突然中から恋人の叫び声が聞こえてきた。「変態男がいるわ」。林さんが女子トイレに駆け込もうと構えると、恋人と覗きの犯人が掴み合いのけんかをしながら入り口から出て来た。林さんは急いで相手を捕まえ、110番通報を行った。
 しかし電話を切ってから「犯人」の言い分をよく聞いてみると、犯人は覗き魔ではなくトイレの使用者だと判明。相手の様子は一見すると男性のようだったが、よく見るとボーイッシュな服装をした女性だった。しかし通報を撤回するにはすでに間に合わず、3人の前に派出所の職員が現れた。2人は女性に勘違いを深く詫び、犯行の事実がなかったことを確認した警察もやむを得ず引き返したという。

熱に関連する単語の検索:

前の記事:新年の間違い挨拶に「長電話」 9分間も気づかず 会話も弾む
次の記事:飲食店に保護動物料理が次々 トカゲ、センザンコウが高値で

分享到: 收藏