中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

米国の巨大ロボット、中日に挑戦状を叩きつける
2017-08-13 23:58:22   From:チャイナネット   コメント:0 クリック:

アメリカのロボット製作チームMegaBotsが、日本の巨大ロボットに挑戦を宣言してから、すでに数年が経過している。この駆け引きに関する情報が現在、ついに伝わった。MegaBotsは来月、日本と中国の巨大ロボットに正式に挑戦する。このイーグルプライムと呼ばれる巨大ロボットは全長16フィートで、シボレーのLS3 V8大型エンジンを搭載し、430馬力に達する。ロボットの重量は12トン。

 

MegaBotsと比べ、日本と中国のチームは低姿勢だ。彼らはロボット大戦に関する情報の開示を控えている。日本の水道橋重工製「クラタス」が来月、イーグルプライムと激突する。中国の「猴王」はその後、MegaBotsと戦う予定となっている。
 

 

アメリカのロボット製作チームMegaBotsが、日本の巨大ロボットに挑戦を宣言してから、すでに数年が経過している。この駆け引きに関する情報が現在、ついに伝わった。MegaBotsは来月、日本と中国の巨大ロボットに正式に挑戦する。このイーグルプライムと呼ばれる巨大ロボットは全長16フィートで、シボレーのLS3 V8大型エンジンを搭載し、430馬力に達する。ロボットの重量は12トン。

 

MegaBotsと比べ、日本と中国のチームは低姿勢だ。彼らはロボット大戦に関する情報の開示を控えている。日本の水道橋重工製「クラタス」が来月、イーグルプライムと激突する。中国の「猴王」はその後、MegaBotsと戦う予定となっている。

 

熱に関連する単語の検索:中日 米国

前の記事:中国の運転代行利用は年間2.53億回 北京は月収1万元超
次の記事:アリババ、自動車の「自動販売機」を2018年リリース予定

分享到: 收藏
コメントのランキング