中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

内蒙古のレアアース輸出量が5000トン以上 日本が最大の輸出先
2017-09-13 20:22:29   From:チャイナネット   コメント:0 クリック:

 内蒙古(内モンゴル)自治区の今年上半期のレアアース輸出量は前年同期比1.3倍増の5029.9トン、輸出額は26.5%増の1億3000万元、1トンあたりの輸出平均価格は44.2%減の2万6000元となった。

 

 フフホト税関によると、内モンゴルの2017年のレアアース輸出先のうち、日本が最大の輸出先となった。米国やオランダへの輸出が大幅に増加しており、増加率が最も高かったのはロシア。

 

 フフホト税関によると、内モンゴルの今年上半期の対日本レアアース輸出量は1.9倍増の2510.3トンに達し、同期の輸出量全体の49.9%を占めた。

 

 中国は2015年1月1日と5月1日より、レアアース輸出割当管理と輸出関税を撤廃し、レアアース輸出のハードルを大幅に引き下げた。企業が輸出に意欲的になり、内モンゴルの今年上半期の輸出量が増加した重要な原因となった。

熱に関連する単語の検索:自治区 内蒙古

前の記事:欧州議会「福島産緩和見直しを」 農水産品輸入で決議採択
次の記事:中国がガソリン車の販売禁止を検討、連鎖反応を起こすか

分享到: 收藏
コメントのランキング