中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

印IT最大手TCS、17年7~9月、純利益1%増
2017-10-12 21:55:33   From:日経   コメント:0 クリック:

 印IT(情報技術)サービス最大手のタタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)が12日発表した2017年7~9月期の連結決算は、純利益が10億ドル(約1120億円)と前年同期比1%増えた。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」関連のサービスなどが好調で売上高も伸びたが、従業員の増加など人件費が増え、増益幅は小幅だった。

 売上高は47億3900万ドルと8%増。旅行・サービス関連やエネルギー分野、ヘルスケア分野など幅広い業界で売り上げを伸ばした。地域別では欧州や南米、インドなどが2桁増収となったが、主力の北米は4%増にとどまった。

 事業拡大に伴って社員数は約38万9000人と1年前より約1万8000人増えた。人件費の増加で売上高営業利益率は25%と前年同期より1ポイント下がったが、依然として高い利益率を保っている。

熱に関連する単語の検索:利益

前の記事:世界経済のリスク点検、G20財務相会議が開幕へ
次の記事:アサヒ、青島ビール株を売却へ 海外は欧州に集中

分享到: 收藏
コメントのランキング