中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

21世紀フォックス、ディズニーに事業売却交渉 米報道
2017-11-07 10:09:31   From:朝日新聞   コメント:0 クリック:

  ルパート・マードック氏率いる米娯楽・メディア大手の21世紀フォックスが、自社の大半の事業をライバルの米ウォルト・ディズニーに売却する方向で協議していたことが明らかになった。米経済専門テレビCNBCなどが6日、複数の関係者の話として報じた。交渉は過去数週間にわたって行われて合意に至らなかったが、再び協議が始まる可能性があるとしている。

 報道によると、フォックスが売却を検討していたのは映画・テレビ番組制作や欧州での放送事業など。「FOXニュース」やスポーツ事業は自社に残し、強みのある分野に特化する狙いだったとされる。

 米メディア業界は、アマゾンやグーグルネットフリックスなどIT大手による動画配信サービスの急拡大で競争が激しくなっている。ディズニーは、ネットフリックスから自社の映画コンテンツを引き揚げ、独自の動画配信サービスを始めると8月に発表していた。フォックスの映画・テレビ事業を取り込めば、動画サービスをより充実できるメリットがある。

熱に関連する単語の検索:米報道

前の記事:日産、検査員試験で不正 試験内容漏洩、解答案の提示も
次の記事:スイス企業がコンゴ資源狙い融資 政府交渉役のイスラエル人に

分享到: 收藏