中国語  日本語
ホーム > 経済 > 記事全文

未来投資会議、ICTやロボット活用を議論
2018-04-12 12:06:29   From:日経   コメント:0 クリック:

 政府は12日午前、未来投資会議(議長・安倍晋三首相)を開いた。情報通信技術(ICT)やドローン、ロボットの活用を通じた老朽インフラの維持管理について議論した。国が性能面などの要求水準を示したうえで、民間企業の開発を促す「オープンイノベーション」を生かす。

 会議に出席した安倍首相は「新しいイノベーションの現場実装をさらに加速」するよう指示した。

 人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」といった新技術の国際展開についても議論した。人口減少や高齢化に直面する「課題先進国」として新技術をいち早く活用。解決策を諸外国に横展開することで、国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に寄与する目標を掲げる。

熱に関連する単語の検索:未来投資会議、ICT

前の記事:中国人ネットユーザー、日本企業への態度が改善
次の記事:パウエルFRB、減税と関税の板挟み

分享到: 收藏